一人暮らし、スーパーで買うものは?おすすめの食材や食品を紹介!

一人暮らしで自炊を始めたい…!

かといって本格的な料理を作る気持ちまではない…面倒だし知識もないし…

これくらいのテンションの場合、「どういった食材や食品を買えばいいのかよくわからない」というケースも多いでしょう。

なので今回はそういった方に向けて…

スーパーで「とりあえず買っておけば助かる」って感じの(ベタな?)食材や食品を紹介します。

一人暮らしが長い僕の意見などもちょくちょく入れていきますね。

まずはおかず系、そして空腹が満たされるガッツリ「主食系」の順番でスタートしますね!

あと後半には買い物のコツも紹介していますので、そちらもぜひ。

目次

スーパーに売っている「簡単おかず系」のおすすめ商品や食材

まずおすすめなのが、栄養たっぷりでお値段もお手頃な卵。

冷蔵庫にはいつも置いてるって方も多いでしょう。

必須アミノ酸(体内では合成されないアミノ酸)をバランスよく含む卵は、まさにスーパーフード(栄養価の高い食べ物)です。

しかもいろんな料理に使えるのも魅力。

料理初心者でも目玉焼きや卵焼きなら簡単に作れますし、オムレツやかきたまスープ、炒め物に入れたりといろいろ…!。

また、ちょっとした調理もしたくない時には、卵かけご飯でも食べられますね。

納豆

卵と同様に栄養価が高い納豆。良質なたんぱく質をはじめ、ミネラルやビタミンも豊富です。

そのままご飯と一緒に食べても美味しいので、個人的にはいつも用意しておきたい食材です。

キムチや卵、ネギやゴマなどを入れてアレンジを楽しむこともできますし、塩で食べたりなんかも僕的にはアリですね。

もちろん、納豆パスタにしたり納豆オムレツなどの料理にも使えますね。

あと僕はカレーに乗っけたりもよくします。

豆腐

納豆と同じく大豆製品の豆腐。ヘルシーで安くて一人暮らしの自炊の味方になってくれますよ。

そのまま食べたり料理にも使えます。

ネギやかつおをかけて冷ややっこで食べても良いですし、味噌汁の具材にしたり麻婆豆腐にしても美味しいです。

僕は火を使わない豆腐丼的なモノも作ったりしますし、一人鍋なんかの時も味の種類に関係なくよく使いますね。

鶏むね肉

お肉の中でも値段の安くて、脂身が少なくヘルシーなのが鶏むね肉。

高たんぱく低脂肪、低カロリーの鶏むね肉はダイエット中の女性にも人気で、いろんな料理にも使えて便利です。

ちょっと面倒ですが…コショウやお酒などで下味をつけて片栗粉をつけて焼くだけでも美味しく、野菜と一緒に蒸したりスープにするのもおすすめ…!

豚小間切れ肉

炒め物に欠かせない…!?

豚小間切れ肉は炒め物やチャーハンなどいろんな料理に使えるのでおすすめ。

薄切り肉なので火も通りやすく値段が安く、料理も一気にボリュームアップできます。

キムチと炒めれば豚キムチが簡単にできますし、もやしと一緒に炒めてインスタントラーメンに乗せるのもおすすめ!

他にも白菜と煮込んだり、甘辛く炒めたりといろんな楽しみ方ができます。

ベーコン

僕はそのまま焼いて白ご飯と食べるってパターンもよくやります。

また細かく切って、ちりめんじゃこと一緒に炒めてそれをご飯に…ってのも大好きですね。

あとは単純に炒飯やパスタにも使えますし、目玉焼きと一緒に焼いたりなんかも定番ですね。

パンにも合います。

シーフードミックス

一人暮らしだと魚料理が少なくなるものですが、シーフードミックスなら手軽にいろいろな魚介類が食べられますよ。

タコやエビ、あさりなど、どれも高たんぱく低脂肪でリゾット(洋風おじや)やパスタ、スープなどいろんな料理に手軽に使えます。

ピラフなんかにも良いですね!

魚介のうまみがギュッと凝縮されているので、ササッと加えるでけで料理が一段と美味しくなります。

冷凍なので長期保存も出来るので、冷凍庫に常備している人もいるでしょう。

ツナなどの缶詰タイプ

缶詰は開けなければ、ある程度の長期保存もできて便利です。

ツナなんかは僕からしたら最高!マヨネーズとあえてご飯にも合うし、パスタにも合うし、あればマジで助かります。

また、サバ缶などもよく買いますね。

玉ねぎ

親子丼とかにも使えますが、炒め物に入れればどんな場合でも活躍しそうな気はしますね。

もちろんカレーやシチュー、肉じゃがなど、利用範囲がとても広いですけどね。(こういった系は調理が面倒ですが)

もやし

玉ねぎと同じく、1年を通じてスーパーなどで見かける定番の野菜。

とにかく安い!一袋20円とか30円とかで売っています。

僕も料理のボリューム目的で買うこともあります。

野菜炒めなどはもちろん、焼きそばやラーメン、麻婆豆腐に入れたりもしますよ。

キノコ類

「しめじ」とか「エリンギ」などのきのこ類も、ヘルシーでうまみたっぷりなので、いろんな料理に加えると味も一段と良くなります。

パスタに入れたりベーコンと炒めたり、茹でてごま油と醤油やニンニクなどと混ぜて作るナムルにしても美味しいでしょう。

ただ個人的に「しいたけ」はあんまり買わないかな…。

ふりかけやお茶漬けの素

簡単で種類も多く、安いですし、日持ちもします。

超空腹で何もない時でも、コレらと「白米さえ」あればとりあえず助かりますね。

「お茶漬けの素」も便利。お茶がなくても、お湯だけでも美味しいですよね^^

また、お茶漬けの素を使った簡単パスタなんかも作れたりしますよ。

レトルトカレー

もちろんカレールーを買ってきて野菜なども切って本格的なカレーを作るのもアリですが、やはり時間や手間はかかります。

そこでレトルトカレーってのは、本当に一人暮らしにはかなり助かる商品ではないでしょうか。

カレー好きな人は本当に多いですし、もちろん僕もめちゃくちゃ食べる機会は多いです。

まあ自炊になるかどうかの問題は置いといて、種類も多く、作り方も温めるだけとかなので色々食べてみるのも良いですね。

カット野菜

自炊をするなら野菜もたっぷり摂りたいですね。

先ほど玉ねぎとかもやしなども紹介しましたが、僕はこの「カット野菜」をよく買います。

もうすでに切ってある状態の野菜が、使い切りサイズの袋に入って販売されているやつですね。

手軽なのが最高ですし、ニラとか人参なんかが入ってたりする色々なタイプもありますからね。

僕はそれを買ってき鍋にドバっと入れて煮込んだり、フライパンに豚肉と一緒にドバっと入れて炒めたりって感じで使っていますよ^^

続いては主食系!

スーパーに売っている「主食系」のおすすめ食材や食品

自炊をする中で主食の中心となるのはやはりお米でしょうか。

丼ぶりやチャーハンなどには欠かせないモノですね。

ただスーパーなどで買うと重たいですし、炊くのも面倒って人も多いです。

なので手軽さだけで考えると、レトルトの「電子レンジで温めるご飯」などは一人暮らしにはすごく便利だと思います。

僕も重宝しまくりです。

パスタ

ボリューム満点なのに非常に安いのが魅力。長期保存もできるので多めに買っておくと良いでしょう。

パスタだけを茹でて、味は市販のパスタソースを買っても外食するよりは安く食べられます。

ラーメン

袋ラーメン、棒ラーメンなどもすぐに食べられるので用意しておくと助かりますね。

もやしやネギ、キャベツなど野菜もたっぷり入れて、卵も入れればヘルシーで栄養もなんとか…!って感じでしょうか。

ただ洗い物が出るのが面倒って時用に、カップのラーメンを買っておくのもアリですね。

食パン

パン派の人はもちろんですが、そうじゃなくても、たまには食べたくなるものです。

菓子パンだとかなりパン代がかかりますが、食パンなら少し材料にこだわったものを選んでもコスパはかなり優秀。

トーストしてマーガリンやジャムで食べたり、ハムやキューリなどをはさんでサンドイッチにしてお弁当にしても良いでしょう。

バナナ

腹持ちが良く、時間のない朝に朝食代わりに食べたりできるという意味では「バナナ」もアリですね。

包丁も不要で皮を剥くだけで食べられる手軽さや栄養価の高さも大きな魅力!

また、便秘がちな人はヨーグルトに小さくカットしたバナナを混ぜて食べるのもおすすめです。

ミキサーがあれば牛乳と一緒に混ぜてバナナジュースにしたり、ホットケーキミックスを使った簡単なバナナケーキなども作れますね。

食材や食品の紹介は以上ですが、ここからはスーパーで買い物するコツを紹介しますので興味があればぜひ!

一人暮らしの食費を抑えたい!スーパーで上手に買い物するコツ6選!

自炊は買い物の仕方ひとつで、食費はかなり違ってきます。

今からは食材や調味料を、スーパーで賢く買う簡単なコツやテクニック6つ紹介したいと思います。

①特売日は忘れずに!

良い食材を少しでも安く買うためのテクニックは、特売日に買い物に行くことです。

特売日とは、野菜や肉、魚や調味料などそこで売られている商品がいつもよりも安く売られている日のことです。

各スーパーによって特売日は違いますし、日によって安くなる商品も違います。

ですから近くのスーパーの特売日がいつなのか、そして何が安くなるのかはこまめにチェックしておくことが大切ですね。

お店のホームページがありそこでチェックできたり、お店に次回の特売日のお知らせのチラシが置いてあったりします。

また、普段利用するスーパーは2つくらいあると良いでしょう。

お店ごとの特徴があり、このスーパーは何が安いとか、こちらはこの品物の品揃えが良くて新鮮なものが多いといったことが利用していると分かってきます。

②長期保存できないものは買いすぎに注意!

特売日を利用することで良い食材が安く手に入りますが、欲張ってたくさん買いすぎてしまうのはNG。

生鮮食品はもちろん、お味噌や佃煮などの加工食品も必ず賞味期限があります。

ついつい買いすぎてしまって、期限内に食べきれなくなればどんなに安くても無駄になってしまいます。

醤油やみりん、塩や砂糖などの調味料は賞味期限が長いですが、一人暮らしの自炊ならそこまで早いペースでなくなることはないでしょう。

特売日に予備として1つ買うくらいにしておくと良いでしょう。

レトルト食品や冷凍食品も長く保存ができるので、これも特売日に買っておくのがおすすめ。

自炊を長く続けるためには、たまには手抜きをするのも大事です。

簡単に食べられるレトルト食品や冷凍食品があれば、疲れて帰ってきて何もしたくないというときなどにとても助かります。

③その日に食べる見切れ品を見逃さない!

一般的に閉店間際のスーパーでは、賞味期限が今日までのお刺身やお肉などが格安で販売されています。

見切れ品と言って、賞味期限が今日で切れる食材は3割から半額、中にはもっと安く売られているのでこれも見逃せません。

今日中に売れないと捨ててしまう食材は、お店側も捨てるよりは半額にしてでも売りきってしまいたいのです。

その日に食べるならこの見切れ品でも問題ないので、これを狙って閉店間際のスーパーに行くのも賢い方法です。

肉や魚などだけでなく総菜も見切れ品として売られているので、一から自炊をするのは面倒という日にはこれも狙ってみましょう。

ただ寿司とかの場合はいくら安くなっていたとしても、元が高いケースも多いので節約的には注意が必要です。

④安いときにまとめ買いが基本!

食費を節約するコツとしては、特売日などの安いときにまとめ買いをするのが基本です。

そのためには、買い物の回数そのものを減らすのがポイントで、買い物する日を特売日だけに絞るのもおすすめです。

買い物する日が多いと、どうしても必要ない無駄なものを買いがちです。

見切れ品は別として、基本的には特売日のみに買い物をするようにすればかなり節約できるはずです。

ただし「まとめ買い」は帰りが重いですけどね…。まあチャリとかなら全然マシですが…。

⑤買い物するものはメモして!

買い物する日を週に1回から2回ほどに絞るなら、買い物するものはメモをしておくことも大切。

特売日には何が売られているのか事前にチェックして、お目当てのもの必要な食材をメモに書き出しておきます。

そうすれば余計なものは買わずに、必要なものだけをお得にスムーズに買うことができます。

⑥お腹が減っていない時に行く

単純なことですが、これは実はめちゃくちゃ大事なんじゃないかなと思います。

やっぱり空腹時にスーパーなどに行くと、ほとんど美味しそうに見えて余計なものまで買っちゃうことってあると思います。

特に惣菜コーナーなんかはヤバいですね…^^

なので無駄なモノを買わないためにも、そこまでお腹が減っていない状態で買い物に行くことをおススメします…。

最後に

前半は「スーパーで何を買うのか?問題」について、そして後半は「買い物のコツ」を書いてきました。

まず前者で言うと、今回はおすすめ食材や食品を紹介しましたが、あともちろん調味料も必要になります。

それについてはこちらの記事をぜひどうぞ。

そして後者の「買い物のコツ」的な意味では、そのスーパー専用のポイントカードなどを貯めるのもアリですね。

あと一応、コンビニパターンにも軽く触れておくと…

まずコンビニでは買うものを厳選しましょう。

食費を抑えるなら、定価(前もって決められた値段)で販売されている品物が多いコンビニには、やはりあまり行かない方が良いでしょう。

ついつい甘いお菓子やアイスクリーム、缶コーヒーなどを衝動買いしてしまう人も多いと思いますので…。

しかし最近は、コンビニのプライベートブランド(独自のブランド)が充実していたりもします。

調味料やハム、レトルト食品などがスーパーよりも安かったりも。

ですから忙しくてスーパーの特売日に行けなかったというときなどは、これらも利用するのはアリでしょう。

今回は以上ですが…

もしここまで読んでみて「やっぱ自炊って面倒そうだな…」となった場合は、以下の記事もぜひ。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる