引っ越し

一人暮らしの引っ越し!退去連絡から物件探し、賃貸契約までの流れ!

僕はある年の10月31日に大阪の賃貸マンションを出て、翌日の11月1日から地元(地方)に帰って住み始めました。

ちなみに一人暮らし➡一人暮らしへの引っ越しで、地元は大阪と同じ関西です。

 

今回はその時に僕がおこなった「新居の賃貸物件を決めるまでの流れ」を紹介したいと思います。

「退去連絡➡物件探し➡契約➡新居に到着」までって感じですかね。

 

現在あなたも引っ越し準備をしている状態だと思うので、少しでもお役に立てる部分があれば嬉しいです。

 

ココに注意

今回の記事はできるだけリアルに書いていますが、これが正しいということではないのでそこはご注意ください。(むしろちょっと変わってるかもしれません。)

 

退去連絡をしたのは9月25日くらい

一応先に「今回の引っ越し内容」をもう一度確認しておきます。

ある年の10月31日に、大阪の一人暮らしマンションを退去➡翌日(11月1日)から地元に帰り一人暮らしを開始

 

当時僕が住んでいた賃貸マンションは、1か月前には大家さんに通知する必要がありました。

同じマンションに大家さんが住んでいたので、9月25日くらいに直接会いに行って「来月いっぱいで引っ越しすることになりました」と言いましたね。

 

そして最後の立ち合い(部屋を見せる)は、10月31日の午前中ということで約束。

その日に鍵を返すこと、そしてそれまでにガスや電気などを停止する手続きを済ましておくように言われましたね。

※水道代は大家さんに直接払っていました。

 

退去連絡について

これはだいたい1ヶ月前までに伝える必要があるパターンが多いと思いますが、物件によっては2ヶ月前などのケースもあります。

そして伝える相手も管理会社なのか?大家さんなのか?、退去届などの提出は必要なのか?などなど、物件によって様々ですので必ず契約書を確認しましょう。

 

物件を探し始めた

大家さんに出ることを伝えたあと、物件を探し始めました。

ただそれよりもっと前に、だいたい「地元の〇〇あたりで一人暮らしをする」とは決めていたので、ここからは本格的にネットで探し始めた感じです。

 

ちなみに新居がまだ決まっていない状態で、大家さんに退去連絡したことになります。

なので「もし新居が決まらなかったどうするの?」と思う方もいるかもしれません。

 

ただ僕は、もし地元で良い物件が見つからなかったら、最悪実家に帰る(住む)選択をするつもりでした。

なのでどちらにせよ、10月末で今のマンションを出る(解約)ことは確実に決めていたので先に大家さんに退去連絡をした感じです。

 

普通は逆……かも!?

先に新居を決めてから退去連絡をする流れが一般的(安心?)なのかもしれませんね。

ただ状況によってはそれが難しいケースもあるとは思います。

まあどちらにせよ、それぞれメリットデメリットはあるでしょう。

 

「賃貸の火災保険」に解約の連絡

9月28日に電話し、解約日は退去日でもある10月31日に。

31日の午後にはもう部屋を出ているので、「解約日は前日の10月30日にしたほうがいいのかな?」とか思ったのですが、何かあったら大変なので31日にしておいたほうが無難ということでした。

 

確かにそうですよね。なんかよくわからなかったのでなぜかそういった質問をしてしまいました。汗

※そして火災保険は1年分を前払いしていたので、残りの数か月分(保険期間)のお金が後日戻ってきましたね。数千円ほど^^

 

ちなみに…

賃貸→賃貸の引っ越しの場合は、新居でも住所変更だけをして「今の保険を使えるケース」もあるようですね。(もちろん絶対ではありません)

僕は毎回解約して、新しい物件では新たに加入していますが。

 

住みたい部屋(希望)を決定した

10月15日くらいには「この物件にしよう」と、2つくらい候補を決めましたね。(退去日は10月31日)

そして実際には引っ越し先の地方の不動産屋さんに行くので、その日を10月18日と決めました。

 

18日にいきなり店舗に行って、「ネットで見た〇〇、もしくは□□の物件を気に入っているのですが、空いていますか?」のような感じで聞く予定でした。

 

新居の物件を見に行った

10月18日に大阪から地方(地元)に電車で移動し、不動産屋に行きました。

事前にネットで住みたい部屋は決めていたので、それについて具体的に聞きました。

内見も終わり、申し込みもし、あとは翌日から入居審査に入ることに。

 

このあとの流れ

僕は大阪へ帰るので、あとは郵送でのやりとりで行う予定でしたが、色々細かい問題などもあって結局10月25日にもう一度店舗に足を運ぶ選択をしました。

入居審査に通れば、そこで正式に契約する流れで約束しました。

この日は、結局トータル4時間くらいかかりましたね。汗^^

 

電気とガスの利用停止の手続きをした

10月19日、電気とガスの使用停止の電話をかけました。

どちらも「お客さん番号」などを伝える必要があると思ったので、検針票をもって電話しましたね。

両方とも止める日は退去日である31日にしました。

 

支払い方法

関西電力は当日「その場での支払いはしていない」とのことでした。

なんにせよ僕は普段、口座引き落としになっていたのでそのままそちらを選択。

11月中旬頃に引き落としされるとのことでした。

 

大阪ガスも引き落としを選択。(それ以外の方法は確認していない)

 

立ち合いの必要は?

電気は必要ないと言われましたが、ガスの停止は「立ち合いが必要になるケース」があるようです。(場合によっては)

オートロックはあるか?ガスメーターは部屋の外にあるか?などの質問をされたあと、僕の住んでいたマンションの場合は立ち合い不要と言われました。

 

止める時間は?

厳密に決める感じの雰囲気ではなかったのですが、一応電気は31日の朝10時頃にしました。

また、最後部屋を出る時にブレーカーを全て下げるように教えてくれましたね。

 

ガスは「31日の午前中には部屋を出る」と僕が言ったので、「では午後にしておきましょう」と言ってもらい、それで約束しました。

 

ちなみに…

先程も書きましたが、水道代は大家さんに払っていたので連絡はしていません。

 

賃貸契約に必要な書類を用意

数日後、地元の不動産屋から「無事審査が通った」と連絡があり、必要書類を用意するように教えてくれました。

すぐに大阪の区役所に行き、住民票や印鑑証明書などを取りました。

 

あまり覚えていないのですが、確か1枚300円くらいだった気がします。気になる人は事前に調べましょう。

 

新居の賃貸物件の契約

まず先ほど書いた通り、新居の賃貸物件の申し込みをしたのは10月18日でした。

そして審査などが通り、10月25日に地元(地方)の不動産屋に移動し、契約しました。

かなりギリギリでしたね。まさに退去日の一週間前です。

 

実際は必要書類で少し面倒だったり困ったことはあったのですが、なんとか契約を済ましすぐに大阪へ帰りました。

店舗にいたのはおそらく1時間くらいだった気がします。

 

転出届の手続き

10月25日、地元の不動産屋から大阪に戻ったらすぐに区役所に行きました。

そして転出届を提出し、「転出証明書」を発行してもらいました。

これは僕が地方に引っ越した後に(転入届を出す時に)必要なモノです。

 

また僕は国民健康保険に加入しているので、資格喪失の手続きも行い、国民健康保険証を返しました。

国民年金についてはここでは特に何もしませんでした。

トータル1時間ほどで終わりましたね。

 

新居の電気とガスの使用開始の連絡

賃貸契約をした時、不動産屋から「早めに電気とガスの使用開始の電話をかけておいてくださいね」と言われていました。

教えてもらった(渡されていた)番号にかけ、「11月1日から〇〇に住むものですが~」的な感じで進めました。

 

電気は同じ関西電力だったので、新居でも口座引き落としのまま引き継ぐことに。

また、新しい家に入ったらブレーカーを上げてくださいとのことでした。

 

そしてガスは立ち合いが必要なので11月1日の昼頃に時間指定して、電話を切りました。

ちなみに水道代は固定なので手続きは不要でしたね。普通に蛇口をひねれば水が出て使える状態になっていると教えてくれました。

 

退去日に鍵を返し、翌日新居の鍵をもらう

退去日、大家さんが来て部屋を見てもらいました。

そして最後の水道代を直接払い、伝えることは伝えて鍵を返しました。

 

ブレーカーを全て落とし、挨拶をしてマンションを後にしました。

そのまま地元に帰り、その日は実家に泊まりましたね。

 

そして翌日(11月1日)、不動産屋に行き、鍵をもらいそのまま新居へ。

新居に到着し、まずブレーカーを全部上げました。

そして指定していた時間にガス業者さんが来て立ち合いました。

 

以上ですが、この続き(引っ越し後)も多少色々しなければいけないことはありましたね。

引っ越しは本当に大変でした…!

-引っ越し
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.