日用品

一人暮らし!トイレ周りや風呂場周りで必要な日用品は?

初めての一人暮らしとなると不安や期待で胸がいっぱいになるかと思いますが、家具家電から日用品までさまざまなものが必要になってきます。

日用品は家具や家電のように一つ一つは値段がそこまで高くありません。

 

しかし、こまごまとしたものが必要になってくるので事前に何を購入するのかしっかり考えておく必要があります。

これまで実家暮らしをしていた人にとって、こんなにたくさんの日用品が必要なのか…!と驚くはずです。

 

ここではまず、一人暮らしの「トイレや浴室、そして洗面所」などで一般的に必要な日用品を紹介します。

また、後半にはついでに「その他の日用品」についても触れていますので、ぜひ参考にしてください!

スポンサーリンク

 

トイレや風呂場、洗面所などで必要な物は?

 

お風呂場周りで必要なもの

バスチェア(お風呂の椅子)、バスマット(足ふき)、石鹸やシャンプー、リンス、石鹸(ボディソープ)、バスタオル、ボディタオル、浴室用のスポンジや洗剤、脱いだ服を入れる用のカゴ、など

 

バスチェアは不要って人もいますね。僕も一人暮らしを始めてからは使ったことがありません。

あとバスマットはタオルでも代用できますね。

タオル類は洗濯をしている間のことを考え、最低でも2枚はあったほうがいいですね。

 

トイレ周り

トイレットペーパー、トイレマット、便座カバー、トイレ用掃除シート、手を拭く用のタオル、トイレブラシ、芳香剤、など

 

僕はトイレマットは敷いていませんね。タオルもバスタオルで拭いていますね、僕は。

 

洗面所周り

歯ブラシ、歯磨き粉、手洗い石鹸、洗顔料、フェイスタオル、など

 

そもそも一人暮らしの賃貸だと、洗面台などがない部屋も全然ありますね。

その場合はお風呂の中にこういった物を置いている人が多いでしょう。

そういう部屋の場合、僕は手洗いはボディソープで洗い、フェイスタオルの代わりにバスタオルで拭いていますね。

 

その他、一人暮らしで一般的に必要な日用品は?

いくつか挙げてみますので、興味ある方はぜひ読み続けてください。

 

キッチン周り

ふきん、スポンジ、キッチン用洗剤、たわし、サランラップ、1人分の食器類、調味料入れ、など

 

すぐに自炊をするならキッチン周りは充実させておきましょう。

また、ここでは詳しくは書いていませんが、フライパンなどの調理器具も必要です。

 

洗濯関連

ハンガー、洗濯ばさみ、物干し竿(室内に干すならそれ用のモノ)、洗剤類、洗濯ネット、つっぱり棒(必要な時で良い)、など

物干し竿は最初から付いている物件もありますね。もちろんドラム式洗濯機などで乾燥までできるなら干す系のアイテムは不要ですね。

 

掃除関連

フローリングワイパー、コロコロ、ほうき、雑巾、ゴミ袋、バケツ、など

 

個人的には、まず掃除をほとんどしません…汗

なので上記の中ではゴミ袋とコロコロしか持っていませんね。雑巾はなく、いらなくまったタオルなどで色々拭くことはありますね。

そしてトイレやお風呂を掃除する時は、それ専用の洗剤が必要ですね。(後者は専用のスポンジなどもいるでしょう)

 

その他のこまごまとした日用品も必要

鏡、ティッシュ、爪切り、耳かき、バンソウコウ、マスク、体温計、電池、整髪料、ゴミ箱、防虫剤、殺虫スプレー、ドライバー、傘 時計、スリッパ、玄関マット、メジャー、文房具類、などなど

 

まあ人によって必要なモノは変わるので、もちろん上記全て揃えた方がいいわけではありません。

そして男性なら髭剃り、女性なら化粧品なども必要でしょう。

 

また上記に限らず、小さいモノを入れておく「入れ物自体」も買う必要があるでしょう。

僕は毎回100均で「プラスチックのカゴ」とかをいくつか買いますね。何かと収納に便利ですよ。

 

日用品は数が多い…!

100均で準備できるものもたくさんありますが、数が多いので合計するとそれなりの額になるでしょう。

必要なものをメモに書き出して、買い忘れがないようにしたいところです。

 

ただ一度に全て用意しなくても、生活していく中で必要なものを買い揃えていくのがおすすめです。

また、消耗品(トイレットペーパー、ティッシュ、洗剤など)は一人暮らしなのでストックも不要で、なくなりそうになったら買えば良いでしょう。
 

スポンサーリンク

-日用品
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.