フリーター

フリーターは一人暮らしの賃貸は借りられる?入居審査は通るのか?

一人暮らししたいんだけど、フリーターは賃貸物件を借りられる…?

このような疑問を持っているあなたに向けて、ズバリ答えを言うと…フリーターでも部屋は借りることができます…!

 

つまり、部屋を借りる際の入居審査にも通るケースが全然あるということです。

実際僕もフリーターとして何回か物件を借り、何年も一人暮らしをしていました。一度も落ちたことはありません。

 

ただし一般的には、正社員と比べると借りられない可能性が高くなるのは事実だと思います。

よく「入居審査に通りにくい」なんて言われたりもしますね。

 

今回はその審査に落ちやすい理由や審査に通るコツなどについて、僕の体験談なども踏まえ解説したいと思います。

 

フリーターが入居審査に落ちやすい理由とは?

まず、賃貸物件を借りるときに必ず行われるのが、大家さんや管理会社などによる入居審査です。

物件の持ち主(大家さんや管理会社)である、貸す側の立場からすれば、やはり誰にでも条件なしにお部屋を貸すことはできません。

なのでその部屋に住むにふさわしい人物かどうか、契約前にいろんなことがチェックされます。もちろん断わられるケースもあります。

 

この入居審査の一番のポイントとなるのは家賃の支払い能力があるかどうかです。

それを確かめるときにチェックされるのが、収入と職業です。

 

そこで正社員ではないフリーターは、やはり不安定な職業であると判断されてしまうというわけです。

家賃は毎月必要になりますからね。

 

また、その時点で家賃を支払うだけの十分な収入があっても、フリーターはいつ辞めてしまうか分かりません。

そうなれば家賃の支払いが滞ってしまう可能性が高いでしょう。

 

つまりフリーターは、正社員で働いている人と比べると社会的な信用が低いと判断されてしまうのです。

フリーターの他にも派遣社員や契約社員、歩合制の営業マン、フリーランスや自営業なども収入が安定しない職業と考えられることが多いようです。

 

フリーターでも入居審査に通るコツは?

ここではフリーターでも入居審査に通るコツをいくつか挙げてみます。

 

家賃の安い物件を選ぶ

入居審査では「家賃の支払い能力」が重視されると紹介しました。

ですから不安定なフリーターである上に、収入に対して家賃が高めの部屋を選べば、さらに落ちやすくなるでしょう。

 

信用が低いフリーターは、今の収入から十分に支払える家賃の物件を選ぶことが入居審査に通るために最低限必要なことです。

その方が、やはり審査の基準は甘くなるので通りやすいです。

 

ちなみに僕は当時、大阪や東京など色々な場所でフリーターとして一人で生活していました。

なので超ザックリになりますが、当時の月収はだいたい16万~18万くらいで、家賃4万~6万くらいの物件に住んでいましたね。

 

貯金をしっかり貯めておく

フリーターで今は毎月の収入が安定していないけど貯金は十分にあるという人は、預貯金審査をしてもらうという方法もあります。

預貯金審査とはその名の通り、物件を借りたい人の貯金の額が入居審査の基準となります。

不安定なフリーターでも貯金が十分にあれば家賃を滞納するリスクも低くなり、信用度も上がるというわけです。

 

ただし全ての賃貸物件でこの方法が出来るわけではないので、まずは不動産会社に可能かどうか確かめてみましょう。

おそらくかなり珍しい審査方法なのでは?と思うので少ない気はしますね。

 

ちなみに僕が家を借りる際は、いつも貯金は全くなかったです。

なのでもちろんこの審査はしてもらったことはありません。

 

契約者を自分ではなく親や親族になってもらう

フリーターで収入も低く貯金もあまりないなら、契約者を親や親族になってもらう方法もあります。

大家さんや管理会社が一番避けたいのが家賃の滞納です。

 

支払い能力がある人が契約者であれば、フリーターでも問題なく部屋を借りられます。

もちろん、契約者になってもらう親や親族には安定した収入がないといけませんが…。

 

あと実際に住む人とは違うことになるわけですから、最初の時点で不動産屋に必ず報告しましょう。

 

しっかりした連帯保証人を立てる

これはコツというか、賃貸物件を借りるときには連帯保証人を立てる必要があります。

部屋を借りる人が家賃を支払えなくなったときに、代わりに支払う義務を負うのが連帯保証人です。

連帯保証人がいなくても借りられる物件もありますが、ほとんどのケースでは必要です。

 

そして信用度の低いフリーターでも、収入が十分にある安定した職業の親や親族に連帯保証人になってもらえば審査にも通過しやすくなります。

しかし高齢で収入がない親や親族の場合は認められないケースもあります。

このあたりは「代わりに契約者になってもらうケース」と同様、収入が十分にあることが条件で、そうすれば大家さんも安心して貸してくれるでしょう。

 

ちなみに具体的には、両親や祖父母、兄弟などの身内が連帯保証人であれば審査に通りやすいと言われています。

これが例えば友人の場合、どんなに親しくて十分な収入があっても効果はあまりありません。

 

僕はいつも父親になってもらっていて、当時の父親は会社員で年収は少なくもなく、多くもなくって感じですね。

ただ平均よりはちょっと少ないかもしれません。でも毎回、入居審査が通るので個人的には本当に感謝していました。

 

良い印象を与える

入居審査ではどんな人間なのかもチェックされています。

大家さんは家賃を毎月きちんと支払ってくれることだけでなく、部屋をきれいに使ってくれて、騒音などで隣近所の住民とトラブルも起こさない人に貸したいと思っています。

 

もちろん家賃の支払いが滞るのも困りますが、トラブルを起こすような人が一人でもいれば他の入居者も出て行ってしまう可能性もあるでしょう。

貸す側からすれば、そのような迷惑をかけられるのは出来るだけ避けたいと思うのは当然のことですね。

 

収入が不安定なフリーターでも誠実な人柄であれば、そういった問題はクリアしていると判断される可能性が高いでしょう。

入居審査は大家さんや管理会社が行いますが、借りる人が実際に会うことはまずありません。

どんな人柄なのかは、大家さんたちが不動産会社から聞いて判断するというケースが多いです。

 

なので不動産会社の店舗で部屋探しをしますが、ここで担当者にできるだけ良い印象を与えることで審査に通りやすくなるでしょう。

言葉遣いなども丁寧にして常識的な振る舞いを心がけ、服装もできるだけ清潔感のあるものを選び、良い印象を与えることが大事ですね。

 

僕にとってこの「印象」に関しては、かなり頑張るポイントです。愛想よく話すなど、ものすごく気を付けています。

過去に一度も入居審査に落ちたことないので、自分ではけっこう効果があるような気はしていますね。笑

 

入居審査にかかる日数は?

まずザックリ流れを説明すると以下のようになります。

①住みたい部屋が決まった➡②入居申込書に記入➡③入居審査➡④契約

 

この③から④のにかかる日数ですが、一般的に3日から10日ほどと言われています。

ちなみに僕の場合は毎回めちゃ早く、すぐ連絡がきますね。

ほとんど翌日か2日後で、3日以上待ったことはありません。

 

審査の結果が分かるまで日数がかかってしまう原因はいくつか考えられますが、最も多いのは、入居申込書に何かしらの不備(不完全)がある場合です。

自分自身のことだけでなく、連帯保証人になってくれている人の名前から勤務先、年収なども細かく記入しなければいけません。

ですからうっかり記入漏れがあったり、間違っている箇所が出てくることも多いです。

 

僕もその場で親に電話しながら書くこともありましたね。

事前にしっかり調べてから不動産屋に行った方が無駄はなくなりますね。

 

保証会社を利用する場合の審査とは?通常と違う?

部屋を借りるときには必ず連帯保証人が必要ですが、どうしてもお願い出来る人がいない人もいるでしょう。

そんな時に連帯保証人の代わりの役割をしてくれるのが保証会社です。

 

ただし連帯保証人とは違って、家賃を滞納した時の賃料を一時的に支払いしてくれますが、もちろん後から返済しなければいけません。

また、初回保証料や更新保証料なども必要でしょう。

 

しかし連帯保証人が立てられない人にとって、保証会社を利用することで入居が可能になる部屋があるのは大きなメリットです。

また、大家さんも家賃が滞納した場合、連帯保証人よりも保証会社の方が確実に返済してもらえるというメリットがあります。

 

この保証会社を利用するときにも審査行われ、これに通過しなければ保証会社さえも利用できません。

そしてもちろん、そもそも保証会社が利用できない物件もあります。

 

また「連帯保証人」と「保証会社」、どちらも利用するというダブルパターンもあります。

現在の僕が住んでいる物件がまさにそうです。

ちなみに僕は個人事業主で、連帯保証人の父は現在は年金暮らしです。

 

以上になります。

-フリーター
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.