自炊

一人暮らしで初めての自炊!最低限、揃えたほうがいい調味料は?

一人暮らしで自炊をするなら調味料を用意しておかなければいけません。

さまざまな種類がありますが、最低限これだけは用意しておきたいという定番の調味料を紹介したいと思います。

 

ただし重要ポイントがありまして、それは「どこからのレベルを自炊に含めるか?」って話です。

この記事ではそのハードルを低めで考えたいと思いますが、それでも自炊の定義が難しい…。

なのでまずはその話からスタートさせて頂きたいと思います!

 

自炊ってどこから?この記事ではこんな感じで進めます!

今回の記事では「自炊と言える範囲」を、多少強引ですが個人的な考えで決めさせて頂きました。

 

まず、以下はほぼ間違いなく「自炊じゃない」と思います。

牛丼屋さんで牛丼を食べる

出前でピザを注文する

スーパーでお弁当を買ってきて家で温めて食べる

など

 

そして以下も「たぶん自炊とは言えない」でしょう。

お湯を沸かしてカップラーメンを作る

レンジで作るレトルトご飯に、「ふりかけ」とか「漬物」で食べる

など。ご飯に関してはレンジで温めるレトルトになった瞬間、「自炊とはいえない感」が出てくるようなので一応外しました。個人的には自炊と思いたいのですが…^^

 

この記事で書く「自炊」は以下の内容も含める

ご飯を炊いて、「レトルトカレー」とか「卵かけご飯」とかで食べる

パスタを茹でて、レトルトソースで食べる

インスタントラーメンに、キャベツやニンジンなどの野菜を加えて一緒に茹でる

 

など。かなりザックリですが、上記のようなレベルを「自炊のスタート(自炊に含む)」とし、進めさせて頂きますね^^

もちろん、これ以上の料理は完全に自炊と言えるでしょう。

 

自炊するなら揃えたい、最低限の調味料はこの3つ!

まず用意しておきたいのが以下の2つ。

醤油(しょうゆ)

サラダ油

 

塩はほとんどの料理で使う

塩がないと、「ある程度の自炊が出来ない」と言っても良いくらいでしょう。なので持っておきたいですね。

野菜炒めやチャーハン、パスタや野菜をゆでるとき、おにぎりを作るときなど、あらゆる料理で塩を使うことがあります。

また、常温で長期間保存できるのも良いですね。

 

醤油も欠かせない

塩と並んで、自炊には欠かせないレベルの調味料。

まず、とにかくご飯とよく合いますね。

本格的な自炊が面倒というときにも、卵かけご飯に醤油をたらして食べたり、豆腐にかけても美味しいですね。

 

醤油にもいくつか種類があって、「こいくち」に「うすくち」、さらに九州には「甘口のお醤油」もあったりしますね。

関西地方では「うすくち」が人気ですが、一般的なのは「こいくち醤油」でしょうか。

自分に馴染みのある醤油を選んでください。

 

あとサイズ的に、一人暮らしには助かる小さいタイプも売っているのでありがたいですね。

 

「油」もあった方が良い

一人暮らしで人気の「野菜炒め」はもちろん、「卵焼き」や「焼きそば」、「チャーハン」なども基本的には全て油が欠かせません。

カロリーが高いからと油なしで調理しようとする人もいますが、やはり油がないと炒め物などは美味しくできないでしょう。

油にもいろんな種類(ごま油、オリーブオイルなど)がありますが、クセがなくていろんな料理に使えるのはサラダ油です。

 

「本当の最低限」だと、この3つでOKな感じだが…

今回の記事で言うところの「自炊」であれば、最低限、「塩と醤油と油」を用意すればいいのでは?と思います。

ご飯を炊いて「レトルトカレー」や「味付け海苔」で食べれば、そもそも調味料さえ要らないですからね。

 

また、冷凍チャーハンを買ってきてその中身をフライパンで炒めるとかも、調味料は使いません。

「冷凍食品の時点で自炊じゃないだろ」的な感じに思われた方がいましたら、申し訳ありませんが。汗

 

ま、そんな感じでとにかく「上記3点は買ったほうがいいよ」的な話なんですが、これはあくまでも「自炊と言えるギリギリの内容」としての「最低限」でした。

なので一般的(?)な自炊(調理)をする場合は、それら以外にも便利な定番の調味料があります。

 

一般的ってのは、いわゆる「包丁、まな板、火」などを使う感じ(必ずではないが)の自炊のことです。

今からはそちらも紹介するので、興味ある方はぜひ読んでみてくださいね!

 

それなりの「自炊」をするなら持っておきたい定番の調味料

それなりと言っても、食材を切って炒めるとかそんな感じの内容です。

もちろん、そういった作業すらしない簡単料理でも、持っていれば役に立つ可能性が高い調味料を紹介します。

 

「コショウ」もあると味がグンと引き締まる

肉や魚の下味(味付け)、野菜炒めや目玉焼き、スープに使ったりします。

さらにマヨネーズを使うポテトサラダなどにも、加えると味が引き締まり風味が増します。

 

ミル(食材を細かくするもの)で挽いて使う「本格的な粒のコショウ」や「粉末状になったコショウ」もあれば、塩とコショウが一緒になった「塩コショウ」もあります。

自炊が初めてなら便利な塩コショウから用意しても良いでしょう。僕も数年間はこれで十分でしたね。

 

「マヨネーズ」も用意しておきたい

ポテトサラダやマカロニサラダに欠かせないのがマヨネーズですね。

レタスやキューリ、ハムなどを切っただけのサラダにも、これさえかければ普通に美味しいです。

また、サンドイッチを作るときも欠かせませんし、炒め物をするときに油の代わりにマヨネーズを使うとコクが出てきたりもします。

 

また、僕は油がない時にチャーハンを作る時は、代わりにマヨネーズを使って強引に炒める時もありますよ。

 

「ケチャップ」もあると便利

オムレツなどの卵系の料理との相性が良いですね。また、フライなどの総菜にかけても美味しいですね。

ケチャップライスや、トマト料理のラタトゥイユもケチャップがあれば簡単に作れます。

 

冷凍のポテトフライを買ってきて、それを炒めてケチャップをかけるってことにも使えそうです。

ただ、大きいサイズを買うと、けっこう余るパターンが多い気はしますね。毎回ケチャップ料理ってわけにはいかないでしょうし…。

 

「めんつゆ」も便利

「うどん」や「そば」、「そうめん」などに使えます。一人暮らしにとって麺類って助かりますよ。

米に飽きた時とか、炒めたりするのも面倒だな~って時とか、とりあえず麺を茹でよう!みたいな…^^

また、めんつゆはそれ以外でも親子丼や炊き込みご飯、煮物などでも使えて本当便利です。

 

煮物やスープが「手軽に出来る調味料」も用意してみる?

これも和洋中といろんな種類があります。

「白だし」や、カツオ、昆布などの「和風だし」、コンソメなどの「洋風スープの素」、鶏ガラなどの「中華だし」があれば、難しそうに思える煮物やスープも割と簡単に完成します。

お湯を注ぐだけの小分けのインスタントのスープもありますが、スープの素で自炊すれば節約できますし味も美味しいでしょう。

 

煮物を作るときは本来、酒に醤油、みりんなどを適量加えて煮込みますが、白だしがあればこれ1つで味がほぼ決まります。

他にも、白だしは卵焼きの味付けや冬の鍋物にも使える万能調味料で、「めんつゆ」と同じようにいろんな料理で役立ちます。

 

「焼肉のたれ」も一人暮らしの自炊で重宝するかも

焼肉だけでなくいろんな料理に使えます。野菜炒めなどにも合うでしょう、

フルーツや野菜のエキスをはじめ、いろんな調味料が入っているのでうまみたっぷりです。

僕はソーセージを炒めたあと、コレがあればご飯何杯でもいけますね^^

 

味噌汁好きには「味噌」も欠かせない

味噌にも「赤味噌、白味噌、米味噌、麦味噌」などいろんな種類がありそれぞれ味に特徴があります。

だし入りのお味噌なら、それを入れるだけで味噌汁が完成するのでおすすめです。

 

また、味噌は炒め物に少し加えたり、肉を味噌でつけて置き焼いて食べるのも美味しいです。

ちなみに僕は「味噌汁風うどん」なんかも作ったりしますね。

 

とはいっても、おそらく一般的にはほぼ味噌汁にしか使わないでしょうし、しかも毎日飲む人って少ない気がします。

そう考えると、買ってもけっこう量が多くて余ってしまう恐れもありますね。

なので味噌汁は「カップのインスタントで」って人も多いでしょうね。

 

今回は以上になります。

-自炊
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.