自炊

合挽き肉とひき肉の違いとは?ミンチは同じ意味!?

ハンバーグやミートスパゲティなど、ひき肉(挽肉)を使った料理は色々ありますよね。

そしてそのひき肉と似た言葉に合挽き肉(あいびきにく)がありますが、ひき肉との違いは何なのでしょうか?

 

今回はそのあたりについて簡単に解説しますね!

また、他にもややこしくて迷いそうな言葉や料理についても紹介しますのでぜひ最後まで読んでみてくださいね^^

一人暮らしで慣れていない自炊をする人なども、知っておいて損はしないと思います。

スポンサーリンク

 

ひき肉と合挽き肉の違い!それぞれの意味は?

結論は以下の通りです。

ひき肉➡塊のお肉を細かく挽いて(ひいて)加工したもの。牛や豚、鶏の食用肉が使用される。

合挽き肉➡一般的には牛肉と豚肉の2種類の(ひき)肉が混ざったもの。

てな感じです。超ザックリ言うと「単体か?混ざってるか?」ってことですね。

 

例えば挽肉(ひきにく)を丸く形にしてから作るつくねは、「鶏挽肉」が使用されるのが一般的です。

また、刻んだニラやキャベツと挽肉をこねて皮で包む餃子は、「豚挽肉」を使うことが多いです。

それらに対し、ハンバーグには合挽肉が使用されるのが一般的ですね。

 

ちなみに…

鶏挽肉で作る「つくね」と、「つみれ」を同じものだと思っている人もいますがこれは全く違う料理です。

材料が全然違っていて、つみれの材料となるのはイワシやアジなどの青魚のすり身です。

このすり身に卵や片栗粉などを加えてこねて、一口くらいの大きさにして煮汁などに入れて加熱調理したものがつみれです。

 

ここからは「ひき肉」との違いに迷うかもしれない言葉などを解説します!

 

挽肉とミンチの違いは!

さまざまな料理で登場する挽肉とミンチですが、これは同じものなのかそれとも違うものなのか、こちらもはっきり知らないという人が多いですね。

レシピの材料にも、挽肉と書いてあることもあればミンチと書いてあることもあります。

 

結論から言うとこの両者は同じ意味になります。

詳細は以下で!

 

挽肉とは?

先ほど説明した通りですが、もう少しだけ詳しく書きますね。

肉を細かく切ったりすりつぶしたりして調理しやすくしたもので、種類によって牛挽肉に豚挽肉、鶏挽肉、そして合挽き肉もあると説明しました。

あとさらに挽いた目の粗さによって「粗挽き」と「中挽き」、「細挽き」と分けられていることもあります。

 

挽肉は、ハンバーグや肉団子のように他の材料なども加えて形を作って調理されたり、ミートソースやドライカレーなどのように細かい状態のまま、調理に利用されることもありますね。

 

一方のミンチとは?

こちらは英語のmince(ミンス)から作られた和製英語(英語の単語を元に英語らしく作った日本語)です。

アメリカ英語では、minceには「細かく切り刻む、挽く」という意味がある動詞。

イギリス英語では「挽肉」という意味もあるので、例えば豚のひき肉なら「pork mince」になります。

 

つまり、挽肉とミンチは日本では同じ意味で使われているというわけですね。

 

「挽肉やミンチ」と「そぼろ」との違いは?

「挽肉、ミンチ」と「そぼろ」は同じだと思っている人もいるかもしれませんが、実は違うものです。

挽肉やミンチは基本的に生のままのお肉を指していますが、そぼろは加熱調理された料理のことです。

 

そぼろは醤油や酒、みりんなどの調味料で挽肉を甘辛く味付けをして、汁気がなくなるまでパラパラの状態に炒ったものです。

作り方は簡単で、丼にしたりお弁当のおかずにもぴったりです。

豚挽肉や合挽肉、鶏挽肉などで作られますが、牛挽肉で作られることはほとんどありません。

 

「肉みそ」との違いは?

こちらもそぼろと似た料理ですが、「そぼろ」とは合わせる調味料が違います。

肉みそはその名の通り、お味噌が加わります。さらに好みでショウガやニンニクなども加わります。

 

お味噌が入る分、肉みその方がねっとりとしています。

こちらもそぼろと同様にご飯のお供にぴったりで、他にざるうどんや冷ややっこにかけて食べても美味しいですね^^

 

以上になりますが、もしよろしければ以下の記事もぜひ!

 

スポンサーリンク

-自炊
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.