ルームシェア

体験談!男友達と3人でルームシェアした僕が思うメリット!

友達と一つの住まいで一緒に暮らすルームシェア。若い人の間で人気です。

僕も昔、バイト先で出会い仲良くなった男友達とルームシェアをしていました。(現在は一人暮らし中)

 

当時、僕を含めた3人で一緒に暮らしていたその場所は大阪で、広さは3LDKの賃貸マンション、一人一個ずつ部屋があったという感じです。

今回はその当時の体験談を中心に、感じていたメリットや今振り返って良かったと思う点などを12選紹介したいと思います。

これからルームシェアを考えているあなたにとって、僕の経験が少しでもお役に立てると幸いです。

スポンサーリンク

 

①生活費が節約できる!

友達とルームシェアすることのメリットとしてかなりでかいのは、なんといっても生活費が節約できること。

一つの住まいを友達と一緒に借りるので、まずは家賃の負担が減るケースが多いでしょう。

僕は確か3万5千円くらいしか払っていなかったです。

 

あと電気代やガス代、水道代などの光熱費も分担して支払うので負担は軽くなるでしょう。

基本料金がかかる光熱費は特に、一人で使うよりもルームシェアして複数人で使う方がお得です。

また、インターネット代も分けることが可能ですね。

 

自炊をすれば食費も分けることができますね

僕らは誰かがみんなの分の買い物に行き、あとでレシートを見ながらお金の計算をするって感じでした。

で、その食材は基本的にみんなでご飯を食べる時に使うって感じでした。

 

ただそこまで厳密に決めているわけでもなかったですね。

あともちろん、自分が食べる分だけ自分のお金で食べ物を買いに行く時もありましたけどね。

 

②良い物件に住めるようになる

上記の通り、3人くらいの複数人でルームシェアすれば、生活費の負担が軽くなるので、一人ではとても借りられないグレード(質)の高い3LDKのマンションに住むことができました。

※当時の若い僕たち(20歳くらい)にとっては高いレベルの…という感じです。

 

上記で書いた通り、僕たちは一人当たりワンルーム以下くらいの負担で、広々とした最新の設備が整った部屋で暮らせましたね。

リビングもあって、ウォシュレットも付いていて、キッチンは広いし、お風呂とトイレも別だし、独立洗面台もあるし…みたいな感じです^^

 

特にキッチンが広いのが個人的にはテンション上がりましたね。自炊もやる気になるというか…^^

一人暮らしの1Rのキッチンは超狭かったので…。

 

③めちゃくちゃ稼ぐ必要がなくなる(笑)

いやこれはですね、まず、当時僕はフリーターだったんですね。

で、3人で住んでいると家賃や生活費が節約できて安くなるので、一人暮らしの時のようにめっちゃバイトに入らなくてもいいみたいなことです。笑

 

もちろんバイトに入らないと、その分自分が使えるお金も少なくはなりますけどね。

でも僕は本当に働くのが嫌いなので(汗)、「ギリギリ生活で贅沢はできないけどバイトに入る日数が減る」ほうがいいんですよ^^

なのでそういう意味ではストレスは減りましたね。

 

ただし、もちろんこれは考え方次第

今まで通り(もしくはそれ以上に)バイトに入れば、一人暮らしの時よりは多少お金に余裕は出るとは思います。

なのでそういう人は、そのお金で服を買ったり、映画やカフェに行ったりと自分の好きなことが出来るようになる可能性もありますけどね。

スポンサーリンク

 

④家事の負担を軽減できる!

これも家事が大嫌いな僕にはかなりのメリットでしたね。

食事を作ったり皿洗いをしたり、ゴミ出しや一緒に使うお部屋やトイレ、お風呂の掃除など家事は色々あります。

それらの負担を友達と分担できますからね。

 

当番制にしたり、曜日で決めたり、前もって話し合ったり色々なパターンがありますが、僕らの場合は基本的に毎回ゲームなどで決めていましたね。

勝てば1週間全く家事をやらなくていいみたいな時もありましたね…。もちろん全部負ければ大変なことにはなるのですが…。

 

⑤普通に楽しい(ことが多かった)

友達同士で住んでいたので、基本は楽しい感じでしたよ。(個人的には)

あと単純に話し相手がいるってのも良かったですね。

まあでもこれは人によって全然感想は変わるでしょうし、もちろん仲が悪くなるケースもあると思いますけどね…。

 

楽しいかどうかについては以下の記事でもう少し詳しく書いています^^

 

⑥防犯面で安心!

窓や玄関から不審者が入ってこないか、留守にしているときに空き巣に入られていないか、外からのぞかれていないかなど一人暮らしは何かと不安です。

しかし友達とルームシェアすればその心配も軽くなるでしょう。

 

特に女性同士で一緒に暮らす場合は、かなり大きなメリットになるのではないでしょうか。

自分が外出中も誰かが家にいてくれれば安心して帰ることができますし、夜遅くなったときには一緒に暮らしている友達に自転車などで迎えに来てもらうことなどもできるでしょうからね。

 

まあ正直、僕たちは男3人だったので防犯面はそもそもそこまで心配していませんでした。

ただもちろん一人よりも2人、さらに複数人で暮らせばより安心(心強い)なのは間違いなかったですね。

 

⑦ゴキブリが出た時に何とかしてもらえるかも?

全然余裕の人からすれば「ん?」って感じかもしれませんが、苦手な人にとってはたまらないゴキブリ問題。

一人暮らしだとほぼ自分で対処しなければいけませんが、ルームシェアならまだ助けてもらえる可能性はあります。

 

僕も一緒に住んでいる友達の一人が全然余裕ってタイプだったので、一度お願いしたことがあります。

トイレに入った瞬間に発見して、僕は絶叫。笑

リビングに友達がいたのでそのまま助けを求めました^^

 

殺虫スプレーなど何もない状態でしたが、その友達はスリッパとティッシュだけで見事退治…!

いや~本当助かりました…^^

スポンサーリンク

 

⑧わからないことがあればすぐ聞ける

僕は一般常識が無く、わからないことや知らないことが山のようにあります。

なので普通に生活していく上で困ることってけっこうあるんですよね。

 

もちろん一人の時はその都度調べたりして解決していくのですが、一緒に住んでいる友達がいるとすぐに聞けに行ける安心感ってのはありましたね。

もちろん聞いても友達が答えられないこともありますが、それでも何回か助かったことがありましたね。

 

⑨食材を余らせることがなくなる!

一人暮らしで自炊をする場合、食べきれないで食材を余らせてしまうことがありました。その経験をしている人は多いでしょう。

白菜やキャベツを丸のまま1個買ったけどなかなか食べきれなかったり、煮物などをたくさん作り過ぎて困ることもあるものです。

 

しかし友達とルームシェアすれば、こういったことは基本的に無くなりましたね。

僕らは全体的にはけっこう自炊していたので、ムダにしてしまうことが少なくなりましたね。

 

⑩体調を崩した時も少しは安心

一人暮らしでもそこまで寂しくないという僕も(人も)、風邪をひいたりして体調を崩したときには心細さを感じるものです。

高熱が出て寝込んでも誰にも看病してもらえず、けっこうキツイです。

 

しかしルームシェアをしていた時は友達が市販薬を買ってきてくれて、助かったことがありましたね。

さすがに「おかゆ」を作ってくれたりはしてくれませんでしたが(笑)、もちろんそういう優しい友達を持っている人はたくさんいるでしょう。

とうか、頼んでないだけで頼めば作ってくれたかもしれませんが^^

 

あとまあ、とにかくそういう状況で誰かが近くにいてくれるだけで安心できる感じがありますね。

 

⑪私物を借りられる

例えば僕の場合だと、遊びやバイトに着て行く服などを借りたこともありました。

お金が無くて服が買えない時だったので地味にめちゃ助かりましたね。

サイズ的に同じだったのも運もよかったです。

 

あとは友達が買ったロープレのゲームを、友達が外出中に借りて楽しんでいた時もありましたね。

 

⑫朝起こしてもらえる可能性も

まあ滅多になかったですが、絶対起きなきゃヤバい!って日に、朝起こしてもらったこともありましたね。

「明日は勝手に部屋に入ってきてくれていいから頼むから起こして…!」みたいな^^

よく寝坊する人で目覚ましや携帯ではなかなか…って人にはいいかもしれませんね。

 

今回は以上になりますが、もちろんデメリットなどもあるのでそのたりは以下の記事をどうぞ^^

 

スポンサーリンク

-ルームシェア
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.