自立

一度でいいから一人暮らしは経験するべき?学べる、身につくことは?

「一度は一人暮らしを経験すべき」とか、「自立になるからいい」などの話を聞いたことがある人は多いと思います。

でもそれって具体的に何が学べるの?と疑問を持つ人もいるでしょう。

そこで今回はそういった方に向けて「一人暮らしをすればどんな経験ができるのか?どういったスキルが身につくのか?」などのポイントを書いていきたいと思います。

 

ちなみに僕は一人暮らしは10年以上とかなり長いほうです。

ただ正直、今回の内容を僕が全て完璧にできているわけではないのですが(汗)、一つの情報としてあなたにとって少しでもお役に立てれば!

 

一人暮らしは自立の第一歩!なんでも一人で出来るように!?

親や家族から離れて暮らすことで、独り立ちできる可能性が高いです。

精神的にも経済的にも「自立の第一歩」と言ってもいいでしょう。例外もありますが…

 

自己管理ができるようになる

一人暮らしは自由なので干渉されないなどのメリットもありますが、その一方で自己管理もしなければいけません。

自己管理は色々あります。

 

例えばこれまで朝遅くまで寝ていたり、夜遅くに帰宅していれば口うるさく言ってくれていた人がいなくなるのです。

ですから自分で生活リズムを整えていかなければいけません。

また、食事も好きな物だけを毎日食べるわけにはいきません。

 

つまり…

当たり前かもしれませんが「朝は目覚まし時計で自分できちんと起きる」、「食事は栄養バランスも考える」など、一から全て自己管理しながら行う必要があります。

 

その他のポイントも詳しく見ていきましょう!

 

金銭感覚が身につく

一人暮らしをする中で、お金の管理も出来るようになるケースが多いでしょう。

電気やガス、水道代、食費、日用品などにかかるお金を把握することになります。

実家だと光熱費などは一切考えないで生活していた人も多いはず…!

 

また、スーパーなんかに行くと「ツナ缶ってこれくらいの値段なんだ…」とか、「ブロッコリーって〇円くらいなんだ…」といった発見なども出てくるでしょう。

 

あ、それもか!?意外とお金がかかるアレコレ?

例えば「火災保険」「受信料」の支払いも自分です。

そして毎月の家賃だけでなく、1年とか2年ごとに更新料が必要な物件もありますよ。(地域によって違ったりする)

 

また、家の家電や家具だって最初に揃えるのになかなかのお金がかかります。汗

実家から持っていくパターンもありますけどね。

ただどちらにせよ、それらが故障したり壊れたりした場合も、新たに買うお金を出すのは自分です。

 

限られた収入の中でやりくりしなければいけないことを学べる

想像以上に光熱費や食費がかかることを知り、どうすれば上手に節約できるかも考えるようになるかもしれませんね。

また、それなりの金額の何かを買う時やお金を使う際は、実家暮らしの時よりも悩んだり考える場面も増えるでしょう。

これ買って給料日までいけるかな…?本当に今必要なのか…?などなど。

 

一人暮らしをすればそういう金銭感覚や習慣がついていきます。

家賃を滞納したり電気代が払えなくなったり、食べられなくなったら大変なので、やはり真剣になるわけですね。

 

他にも…

「昔からの流れでなんとなくずっと〇〇にお金使ってるけど、これ実は要らなくない?」のような感じで何かに気づくケースもよくありますね。

「これにお金使うのやめたらだいぶ楽になるんじゃない?」的な^^

 

家事もできるようになる!?

まあ家事が得意になるとは言い切れませんが、嫌でも自分でしなくてならない状況になるので「一通りの流れ」「キツイ点」なんかは色々わかってきますね。

 

例えば自炊は…

続けていると腕が上がったり料理のレパートリーが増える可能性がありますよ。

ただ調理だけでなく…もちろん洗い物もありますし、さらに食材の買い物や保存をするのも自分です。

 

そして最初は調理器具も揃える必要がありますし、壊れたり新しいモノが欲しい場合は自分で購入しなければなりません。

まあ一人分なので調理も買い物もそんなに大変ではないですけどね。

 

洗濯は…

洗剤の種類などもわかるようになり、干し方も色々工夫したりもするでしょう。

もちろん実家には当たり前にあったハンガーを買うのも自分。

また、今までより天気予報のチェックも多くなるでしょう。

 

しんどい時や忙しい時でも洗濯物が溜まりまくっていたら自分がするしかないのです。

もちろん溜まる前にしておくのがベストですが、仕事の都合などでなかなか難しいケースも実際あります。

 

その他の家事も色々経験できる

 

掃除

掃除機掛けやコロコロだけでなく、トイレ、風呂、キッチンなど色々。カビを落とす作業なんかが出てきます。

 

ゴミ捨て

分別もわかるようになり、その物件や地域のルールに慣れていくでしょう。

 

ココがポイント

上記のような日用生活に必要な家事がこなせるようになると、時間管理もできるようになるでしょうね。

あと家事というか、「役所の手続き」「ネット回線の契約」なんかも自分ですることになりますね。

 

ハプニングやトラブルが起こっても…対応は自分!

 

ゴキブリが出ても…

殺虫スプレーを噴射するのも用意しておくのも自分。その他のゴキブリ対策も自分で調べたりする日もあるでしょう。

 

怖いと感じる瞬間があっても…

夜中に物音がしても、遅い時間に謎のインターホンが鳴っても(滅多にないですが)、自分しかいません。

 

近所や住人とのトラブルがあっても…

とりあえずは自分が対応しなければなりません。

僕は一人暮らしして、初めてテレビの音量や自分の足音などの騒音を気にしました。

 

ガスコンロの火がつかない、トイレが詰まったなどの場合も…

自分で解決したり(難しい場合が多い気はする)、管理会社か大家さんに連絡する必要があります。

また、「これは自分が払うのか?大家さん負担なのか…?」と気になり、急いで契約書などを取り出して必死で確認する時もあるでしょう。(笑)

 

体調が悪い時も…

ハプニングとかではないですが、一人だけだとメンタル的にも色々キツイ…。

例えば風邪なんかでも、自分でお粥を買いに行ったり、市販の薬を買いに行ったり、病院に行かなければなりません。

もちろん普段から用意できるモノは買っておいたほうがいいでしょう。

 

新聞など、何かしらの勧誘が来ても…

一人で断ったり、無視しなけばなりません。インターホンってけっこう「ビクっ」となりますよ。汗

中にはドアを「ドンドン」と軽く叩いたり(可能性は低いけど)、ノブをガチャガチャと回す人も(かなり可能性は低いけど)…。

この直接系の対策としては、オートロックの物件ならそれなりに安心はできますね。

 

地震が起こっても…

その対策(賃貸では難しい対策もあるが)や、もしもの時の防災グッズを用意するのも自分です。

 

また、「鍵を無くして入れない!」なんて日もあるかもしれません。

まあ色々経験して、知識が増えたり自信が付いたりするってことですね。

 

わからないことは自分で問い合わせたり調べたりしますが、もちろん親に全然聞いてもいいですね^^

最初は誰だってわからないと思うので。

 

消耗品のチェックや買い物も自分!

例えば実家ではいつの間にかトイレットペーパーが補充されていたり、電球が交換されたいたりしますよね。

一人暮らしではそういった日用品のチェックや買い物も当然自分です。

もちろんそれなりにストックしている人も多いでしょう。

 

また、メジャーやガムテームなど「必ず毎日使うわけじゃないけど…的なモノ」も実家だったらどこかにあるケースが多いですよね。

でも一人暮らしだと「あれ、そういえば〇〇無いや…買いに行かなきゃ…」ってケースはあります。

 

意外と…?

このような細かい家事的なことはけっこうあります。

一人暮らしが長くなると特に何も思いませんが、僕が実家にいた時は全く考えなかったですね。

 

金欠状態を経験するかも?

まあ本来はこうならないようにしないといけませんが、想定外のことが起きてこのような状態になるケースもあり得ます。

ただこれはこれで「安く料理を作れるようになったり、お金を使わずに時間を潰す方法」などが自分なりに発見できたりする可能性もあります。

 

時間潰しにウォーキングはタダだし、僕はこれをキッカケに「ダイエット始めるか!」ってなった時もありましたね^^

 

ココに注意

「遊べない、欲しい物が買えないのを我慢する」くらいのレベルならいいですが、家賃が払えないとかになると大変です。

それも何かしらの経験値にはなるでしょうが、さすがにその状態にはならないように注意!

 

そもそも最初の家探しだけでも経験になる

不動産屋とのやりとりは「こんな感じで進んでいくんだ」とか、「初期費用はこんなにかかるんだ?」とか、色々知っていきます。

専門用語が出てくることもあるでしょう。

 

もちろん引っ越しや最初の光熱費の手続きも良い経験になりますね。

そしてこれらは次にまた物件を探す時には、当然役に立ちますよ。

 

あと内見に行った際に、実家では手に入らない「初めての自分の城」を見て、ワクワクや不安を感じる瞬間もあるでしょう。笑

 

個人的には一人暮らしをして自立できたと思う

僕は「自立目的」で一人暮らしをスタートしたわけではありません。

ただ「一人暮らしの経験で得られるモノ」はたくさんありましたし、精神的にも成長できたと感じています。

 

また、そのおかげで親との関係もだいぶ良くなりました。

離れることによって、親のありがたみもわかり、長かった反抗期を終えたような感じでしょうか。

 

一人暮らしをしてから初めて帰省する時はだいぶ大人になった(笑)気分だったのを覚えています。

今考えれば超大げさですが…^^

 

実家にいた時の「当たり前」が当たり前じゃないことにも気づいた

僕が実家にいた時、何も気にせず使っていたガスや水、そして電気など。

これらはもちろん、親がお金を払ってくれていたのですが当時は特に考えたことがなかったです。

でも一人暮らしなら自分でそういった手続きもしますし、自分で毎月払っていくわけですからやはり意識的にも変わりましたね。

 

自分の性格なんかもわかったりする

例えば以下のように色々な発見ができるのも一人暮らしの魅力だと思います。

自分はこういう作業が嫌いなんだ…

こういう時に寂しく感じるんだ…

財布にお金が入っているとどんどん使っちゃうな…

結局僕にとって無くてはならない家電って〇〇なんだ…

食べ物をたくさん買ってくると一気に全部食べたくなるんだ…

とか、色々。

 

そして数年経つと徐々に「自分の生活スタイル」が決まっていきましたね。

周りから何を言われようと「僕は〇〇が苦手で□□が得意」とハッキリ答えらえるようになりました。

 

最後に

ここまで読んでみて「一人暮らしは経験したほうがよさそうだな~」と感じましたか?

それとも「実家でいいや」と思いましたか?

 

人それぞれ色々な考え方があるので、「どちらかが大正解」ってことはありません。

迷っている方はゆっくり考えてみてくださいね^^

 

以下のような記事も過去に書いているので興味があればぜひ!

-自立
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.