バイト

バイトに行くのがめんどくさい時は冷静に色々考えてみよう!

バイトめんどくさ!もう行かずにこのまま辞めたい…。

バイトをしていると大半の方が一度はこのような気持ちになったことがあるでしょうし、現在のあなたも似たような感じではないでしょうか?

ちなみに僕はフリーター生活が長かったので、当然こんなテンションの日は何度もあります。

 

なので今回はそんなあなたに向けて、そういう時は「一度冷静に色々なことを考えてみては?」という話をしたいと思います。

そうすることで「行く気が出るかも?」…というか、「行かなきゃまずいか…」的な感じになるかもしれません。

そういった考え方を全部で5つ挙げますね!

スポンサーリンク

 

①自分にしかできない仕事を思い浮かべる

このような仕事や作業があるのであれば、「責任感」「やりがい」が出てきて、少しは行く気持ちになってきませんか!?

バイトの場合なかなかそういう仕事はないかもしれませんが、もし店長に期待されていたり、任せられている仕事があれば理想ですね。

また、「〇〇は他の人がするより私がやったほうがスムーズだろう」と思う感じでも十分です。

 

もし「バイトスタッフ全員が同じ作業をする職場」の場合は?

職種によってはこういったケースも全然ありますよね。

それでも僕は「僕のほうが作業が早い、(もしくは)丁寧だ」などのように自分の仕事ぶりを褒めてやる気を出していましたよ^^

 

②バイト先のスタッフに迷惑がかかることを考える(リアルに)

もし休んでしまったら、職場のみんなにどういう風に迷惑がかかるのかをリアルに想像してみましょう。

「私のあの仕事は○○さんが代わりにやるのか…。でも○○さんは他にもやることがたくさんだし、キツイだろうな…」

 

このように想像すると「自分のわがままでサボるわけにはいかない!」となるかもしれませんよ。

迷惑をかけたい気持ちって普通はないハズですからね。

 

また、人間関係的にも…

もし休むと次回出勤時に「この前は休んでごめんね」的なセリフを言う必要がありますから、これも人数が多いと大変ですよね。

しかも僕はこの時、「気まずさ」や「照れ」なんかもけっこう出てくるタイプ…。

さらに…みんなが優しくリアクションしてくれるとも限りません…(汗^^)

 

③無職になった状況を想像する

僕はフリーターだったので、この考え方は特に有効だった気がします。

もちろん…

バイトを一回休んだからといって、必ず辞める結果に繋がるわけではありません。

ただそれがきっかけで、そういう気持ちなる恐れはありますよね。

 

元々めんどくさいと思ってる職場なので「行くの面倒だな~、辞めたいな~」となる流れは変ではないです。

特に僕は「辞めようかな?」が口癖だったので、すぐにこの発想になってしまうボーイでした…汗

 

ただもし辞めたら、無職の状態は想像以上に辛い…!

もし経験があれば想像が付くと思いますが、「早く仕事を見つけなきゃ…」という焦りや不安が出てくるので、なかなか気分が晴れないんですよね。

それにお金も使いづらいですから、いくら貯金があっても気にはなります。

 

こう考えると、「行きたくない気持ちから辞めてしまう流れにはしたくない、だから今日も働きに行こう」となるかもしれません。

僕のように「すぐ辞める結論を出しがちな人」なら特に…。

 

逆に「そうじゃない人」からすれば、ちょっと無理やりなポジティブに聞こえるかもしれませんが…汗^^

スポンサーリンク

 

④生活費のことを考えてみる

これはもしあなたが一人暮らしであれば、特に響くのではないでしょうか。まさに僕もそうだったのでよく考えていましたね。

毎月必ず必要なお金たちですね。

家賃、食費、光熱費、携帯代、ネット代、などなど…。

 

自分が「欲しいモノ」の場合は、「それが買えなくてもいいいから休みたい」となってしまうかもしれません。

しかし上記のような生活費の場合は、そうは言ってられませんから「よし頑張るか…」となればベストですね。

大げさに言えば、働かないと生活できませんからね。(一人暮らしの場合)

 

⑤次のバイトを探す手間を考える

まあこれも先ほど書いた「無職はきついよ」的な話と似ていますが、まず「バイトに行かない➡すぐ退職」ではありません。

でも「行きたくない面倒な気持ち」があるのは事実なので、辞めたい感情が出てくる可能性は全然あり得ますよね。

「あ~バイト行くの面倒だな~、行きたくないな~、てか辞めたいな~」的な。汗^^

 

もしそういう気持ちになった時は、辞めたあとの手間を考えてみよう

もし辞めてしまったら、おそらくまたバイトを探しますよね?

すると、「また求人サイトを見て、応募連絡し、面接を受ける流れ」が待っています。

けっこう時間と体力を消耗しますよね。

 

それを想像すると…

今のバイト先に対して「そこまで本当に嫌なのか?休んで最悪辞める状況になっても後悔しないのか?」と自問自答できる機会になるかもしれませんよ。

また、もちろん不採用が続く可能性も0ではありません。そうなるとさっきの「無職状態パターン」にもなりますね。

 

もし次のバイトがすぐ決まったとしても…

もし辞めて、すぐ次が採用されて探す手間がかからなかったとしても、次の職場では「仕事のやり方」と「人間関係」は一から…の形になります。

なので「また最初から色々覚えるのか~」という面倒さはあります。

 

そういったことも「今のバイトを頑張ろうと思えてくる理由」になるかもしれませんね。

まあ人間関係については、リセットされて「それがメリット」となるケースもあるでしょうけど…汗

 

それでも面倒で行きたくないなら辞めるのもアリ

今回の記事内容に限らず、色々試したり考えたとします。

それでも無理な場合は、よっぽどその職場が合っていないのでしょう。

 

ですので辞める選択は全く悪いことではありません。

気軽に職場を変えられるのはバイトのメリットでもありますからね!

 

僕は過去に「1日(初日)で辞めたバイト」はけっこうありますが、「2年以上続いたバイト」もいくつかあります。

やっぱり人によって「合う合わない」があると思います。

とにかくポジティブにいきましょう^^

 

ただ一応以下のような記事も書いているので、ぜひ読んでみてください!

 

スポンサーリンク

-バイト
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.