賃貸

一人暮らしは自由すぎる!?実家暮らしと比べてどう変わる?

一人暮らしってやっぱり自由なの?どんな生活になるの?

おそらくあなたは今、このような感じの疑問を持っているのではないでしょうか?

 

一人暮らしのメリットはたくさんありますが、おそらく一番でかいのは自由になれること!

実家暮らしとは違って、気を使わなくていい生活ができる可能性は非常に高いです。

 

そこで今回は、一人暮らしで自由を満喫をしている僕がそのメリットを様々な視点で語りたいと思います。

ただ注意点もあるので、そのあたりもできるだけリアルに書いていきますね^^

スポンサーリンク

 

食事の時間は自由!

一人暮らしなら好きな時間に食事できます。

 

実家の場合だと、食事の時間帯は各家庭である程度は決まっていますよね。

なので基本的にはその時間に合わせることになります。

用事があったり、友達と電話なんかをしている時でも「ごはんできてるよ~!早くしないと冷めちゃうよ~」的な催促があったりしますよね。

 

また、お鍋や焼き肉などであれば、なおさら「一緒に食べなきゃ感」が増しますよね。

早くしないと肉だけ先に食われてしまう…といった心配もあったりするかもしれません^^

そしてもし「あとで食べる」としても、時間が経てば「その洗い物だけを自分でしなくちゃいけない」みたな家庭もあるでしょうね。

 

一人暮らしであれば上記のような心配は不要!

 

また、食事の時間とは少し話がズレるかもですが、一人暮らしならもちろん冷蔵庫の中身も自分次第。

なので「あとで食べよう」と入れておいたモノを家族に取られる心配なども不要です。

 

毎日好きな料理だけを食べることができる

一人暮らしなら毎日好きな食事が可能。(お金があれば)

つまり、実家のように苦手なおかずが出てくる可能性がないんですね。

 

もちろん親などは栄養面のバランスを考えてくれていたりもしますし、あとそもそも食事を作ってもらえる時点で感謝も必要です。

ただそれを踏まえた上で…

それでも「好きな物だけを食べられる」のは事実なので、一応メリットとしました。

 

あと、もっと言うと「好きな時間帯に好きなだけ食べるのも自由」です。

ただもう一度触れますが、健康を考えると必ず良いわけではありません。

 

寝る時間も自由!

 

遅くまで起きていたい場合

一人暮らしだと夜更かしも自由。

実家だと自分の部屋がない場合はもちろんですが、あったとしても隣に家族がいるとそれなりに気を使うケースは多いでしょう。

テレビや音楽の音量、友達との電話の話し声、筋トレなどなど、あまり自由にできなかったりしますよね。

 

逆に疲れたりしんどくてぐっすり眠りたい時

一人暮らしであれば20時や21時に寝たっていいんです。

もちろん実家でもそこは自由ではあります。

 

ただ隣の部屋の家族の声や騒音、明かりが漏れたりすることによって眠りづらくなるケースはあるでしょう。

自分の部屋がない場合はもちろん、さらに大変ですよね。

 

注意点!

一人暮らしなら、このような点は基本的に気にしなくて大丈夫ですが注意点もあります。

 

ココに注意

賃貸の階数や壁の薄さ、時間帯によっては気を使う場面はもちろんありますよ。

逆に騒音でうるさくて寝れないケースもあり得ます。

ただどちらにせよ実家と比べるとまだマシだとは思いますけどね…。

 

あと、相手が他人なので「実家より気を使って逆にストレスがたまる人」もいるかもしれませんね。

また、実家暮らしだとしても、自分や家族が「何が起きてもほぼ起きなくて寝ていられるタイプ」であればまた話は変わってきます。

 

起きる時間も自由!

これは主に休日などですね。一人暮らしであれば起床時間を気にせず好きなだけ寝てられる…!

寝すぎが「良いかどうか」は置いといて、寝るのが大好きな僕にとってはかなり嬉しい^^

 

実家のように…

朝ごはんや昼ごはんで起こされたり、「何時まで寝るつもり?」と注意されたりもしないです。

また、騒音で起きてしまう日もありますが、直接的な意味で考えると実家暮らしよりはマシだとは思いますよ。

 

ただしもちろん、休日以外で仕事や学校、バイトなどに行く時は一人でしっかり起きる必要はあります。

もし寝坊しそうでも誰にも起こしてもらえないので、逆にデメリットになるケースも!

 

お風呂やトイレのタイミングも自由!

 

お風呂にいつ入ってもいい

実家だと家族に合わせる必要がある時もありますね。

「仕事から帰ってきたらとりあえず先に入りたい」「〇時からのドラマの前に入っておきたい」など。

こんな場合でも誰かが入っていて…という時があります。

 

一人暮らしであれば上記の心配はいりませんね。

 

トイレも自由

実家だと「誰かが出てくるの待ち」でイライラする時もあるでしょう。(特に朝)

出かける用事があればなおさらですね。

あと真面目な話、おならをしても周りに気を使う必要がありません。(トイレ以外でも)

 

僕はトイレが長いので…実家に住んでいた時はけっこう気を使っていたましたね。

周りに家族がいれば先にトイレに行くかどうか確認していましたね。

「行くなら先に行ってくれ。そのほうが気を使わないでいいから」って感じで^^

 

一人暮らしなら上記は全て自由です。

 

帰宅する時間やタイミングも自由!

一人暮らしだと、もし夜中に帰る時があっても家族に気を使う場面はありません。

寝ている家族を起こさないように「ゆっくりドアを開けたり、そろ~り階段を上がる」なんて気を使わなくていいんです。

 

注意点!

一人暮らしの場合でも、夜中とかだと、同じマンションの住人や隣の部屋の人に対してある程度は気を使ったほうがいいです。

普通、もしくは「ちょっと静かな感じ」で帰宅すれば問題ないとは思いますけどね。

 

でも酔っぱらっている状態の時もあるでしょうから、一応テンション高すぎたりうるさくし過ぎないように注意はしましょう。

当然そのほうがトラブルは起こりにくいです。

 

好きな時間に友達や恋人なども呼べる

一人暮らしなら友達や彼氏、彼女を家に気軽に呼べますよ。

また、「ご飯の時間だからそろそろ帰ってほしいな…」とはならず、「腹減っているならなんか作ろうか?」のような展開もアリに!

 

家族がいれば…

なかなか家に呼べない人が多いでしょう。

友達同士だけでしたい会話とかってありますし、そもそも兄弟姉妹と一緒の部屋で窮屈な思いをしている人も多いはずですからね。

 

そして部屋の広さや人数にもよりますが、友達を呼んで鍋をしたり家飲みも可能!(騒ぎすぎや時間帯には注意しましょう)

また、それまで家族がいるからと彼氏彼女と外食デートしていた人も、自宅に呼べるようになれば食費も浮くでしょう。

 

勉強や趣味に集中しやすい

一人暮らしだと家族に話しかけられたり、話し声や物音、騒音などを気にする必要はないので、自分がやりたいことに集中できます。

例えば、一日中ゲームをするのも自由です。(良いか悪いかは置いといて)

また、お風呂や食事のタイミングも全ては自分次第なのでペースも自由ですね。

 

ただし趣味の内容によっては微妙な場合がある

 

例えば趣味がギターの場合

楽器の音に関しては賃貸は厳しいケースが多いです。

なので、そういう意味では実家のほうがいいのかもしれませんね。

 

もちろん実家でも家族に注意されたり、近所のことも考えなければいけないケースもありますけどね。

あとその楽器の演奏レベルをもろに聞かれるデメリットが…^^

 

料理が趣味の場合

安めの賃貸物件だと、とにかくキッチンが狭いところが多いです。

まな板を置くスペースすらないくらいのレベルだったり、コンロも一つってのが全然あります。

なのでキッチンの使いやすさで言えば実家のほうがよかったりするケースが多いでしょう。

 

部屋作りもある程度は自由にできる

実家暮らしで自分の部屋がないと、好みの部屋作りも自由にできません。

こんなイメージで、こんな家具を置きたい、オシャレにしたいなどと理想があっても家族と趣味が違うので難しかったりしますよね。

 

一人暮らしなら部屋を自由にコーディネート!

好きな家具や家電を選び、その配置などが全て好きなようにできます。

また、自分の好きなものだけを置いた居心地の良い部屋作りもできるようになります。

好きなプラモデルやフィギュアなどを並べるのもいいでしょう。

 

僕は「オシャレに願望」はそこまでないのですが、それでも部屋にある物の配置を変えただけでめちゃくちゃ居心地が良くなった経験があります。

仕事から帰ってきた時の癒され具合が明らかにその前後で違いましたね。(慣れますが。汗)

 

あと部屋だけではなく…

トイレやお風呂、キッチンなどの雰囲気もこだわることが可能。

そしてそもそも賃貸の部屋選びの段階から選べるわけですから、こだわりたい人にとっては楽しいでしょう。

 

賃貸の場合は注意点もある!

賃貸は「原状回復の義務」があるケースが一般的ですので、それは注意してください。

ザックリ言うと、そのマンションやアパートを引っ越しする時に「借りた時の状態に戻さなければいけない決まり」です。

なので例えば何を引っかけたいからといって、壁にクギやネジなどの大きな穴を開けるのはダメです。(お金を払うことになる)

 

僕は超心配性なので…「がびょう」でさえも開けません。

何かオシャレなポスターを張りたい場合に「がびょう」などを使いたい時は、必ず念のため契約書を確認するか、大家さんに聞きましょう。

 

水道代や電気代なども自分次第

これはストレートな考え方であれば当然デメリットなんですが、ここでは「家族に気を使って節約はしなくていい」的な意味です。

例えば僕は完全にシャワー派なんですが、実家にいた時はその時間が長いのでかなり文句を言われた経験があります。

この時は多少家にお金は入れていたのですが、「もっと払うから自由に使わせてよ」的な気持ちになりました。

 

一人暮らしだと、そういった不満は感じなくていい

エアコンや部屋の電気なども基本的には自分が払うわけですから、誰にも気を使う必要はありません。

もちろん無駄遣いはしないに越したことはないですが、例えばうっかり消し忘れて寝たとしても注意されるストレスは感じなくてもいんです。

 

そして光熱費だけでなく、例えばシャンプーなども共有して気を使っている人もいるでしょう。(実家で)

これも一人暮らしをすれば解決しますね。

 

他にも自由なポイントはいくつかあるよ!

例えば一人暮らしだと「家族に干渉されない」というかなり大きいメリットがあります。

これについて詳しくはこちらの記事を!

 

他にも細かい内容で言えば、実家だとテレビの台数にもよりますが、チャンネルも自由に見られなくてストレスを感じる日もあるでしょう。そういう点も一人なら自由!

また、エアコンなどの温度も好きなように設定できます。

 

まあとにかく、今回の記事で書いたように「家族と一緒に暮らしていれば当然なんだけど、自分のタイミングでできないこと」は多々ありますね。

このようなさまざまな制限やストレスから、一人暮らしをすれば一気に解放されますよ。

 

今回は以上になります!

 

 

動画配信サービスで自宅を楽しむ!?

もし選択として一人暮らしをしないのであれば、動画配信サービスを楽しんで実家暮らしをより満喫してみては?

最後に軽く「無料お試し期間」がある動画配信サービス(対象の動画が見放題)をいくつか超ザックリ紹介しますので興味があればぜひ!


 
「松本人志のドキュメンタル」や「M-1グランプリ」などに興味があるならこちら!

 
「しくじり先生 俺みたいになるな!!」、「チャンスの時間」などを見るならこちら!

 
日テレ系のバラエティやドラマが好きならこちら!

 
フジテレビのバラエティやドラマに興味があるならこちら!

 
ドラマや映画だけでなく、アダルトも見たいならこちら!

-賃貸
-,

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.