物件探し

一人暮らしで1階はやめた方がいい?メリットデメリットは?

「かなり理想の条件の物件があるが、1階ということに引っかかっている」

この記事を読んでいるあなたは現在、おそらくこのような状況ではないでしょうか?

 

僕は一人暮らしの物件を何度も決めてきましたが、確かに住む階数はとても大事だと思います。

特に1階だと「大丈夫かな…?」という気持ちになるでしょうし、気になりますよね。

 

そこで今回はそんなあなたに向けて、賃貸マンションやアパートの1階に住む「メリット5つ」と「デメリット6つ」を紹介したいと思います。

ぜひ最後までチェックしてみて、物件選びに役立ててください^^

スポンサーリンク

 

1階の賃貸物件に住むメリット5つ

 

①家賃が安いことが多い

まずこれが挙げられるでしょう。

物件によっても違いますが、同じ賃貸物件でも1階部分は2階以上の部屋よりも3000円から5000円ほど安くなるところが多いでしょうかね。(例外アリ)

出費を抑えたい一人暮らしでは、これは大きな違いでしょう。

 

月3000円って長い目で見るとけっこうでかいですよ。1年で36000円ですからね。

あと、もちろん「規約時の日割家賃」や「仲介手数料」などの初期費用的にもいい意味で影響してきます。

 

②下の住人に気を遣うことがない

1階はもちろん下の階がないですからね。

これは僕のようにけっこう気を使う性格の人にとっては、意外とでかいメリットだと思います。

 

ココに注意

マンションやアパートで一人暮らしをするときに注意したいのが、やはり生活音による騒音トラブルです。

足音はもちろんですが、椅子を引いたり物を移動させたり下に置いたりなど、どうしても日常生活をしている中で発生するのが生活音です。

 

これらの音は下の階に良く響いているもので、上の階に住んでいれば注意しながら生活しなければいけません。

また、木造のアパートは特に音が響きやすくそれだけ気も遣います。

 

しかし1階に住んでいれば、そのような生活音に気を配る必要はありません。

そしてもしあなたが、生活スタイル的に「夜中は起きている」とか「夜遅くに仕事から帰ってくる」などのようなタイプだと、大きいメリットかもしれませんね。

また、部屋で筋トレなどをする人も安心かもしれませんね^^

 

③エレベーターを使わなくて良い

女性の一人暮らしだと、たとえ同じ住民でも男性と一緒にエレベーターに乗るのは不安ですが1階だとその心配はありません。

 

僕は男性ですが、それでもやはり基本エレベーターは気まずいものですし、できる限り誰とも一緒にはなりたくありません。

また真夜中とかであれば、誰かと一緒に乗るのは正直、若干怖いです。汗^^

 

そしてちょっと知っている人や微妙な人であっても、それはそれで「挨拶をしたほうがいいのかな?」とか、「挨拶して無視されたら嫌だな…」とかってけっこう考えるので、個人的にこのメリットはけっこうでかいかもしれません。

 

あと、上の階だとエレベーターが捕まらず待つケースもあるでしょうけど、1階だとそういった心配もいらないですね。

忙しい時間帯だと辛いですからね。

 

④すぐに出られるし、帰ってきた時も楽

これは何かが起こった時はもちろんですが、単純にちょっと外に出たい時や、毎日仕事に行く時などもメリット。

エレベーターや階段のことを考えずにすぐ外へ出られますし、もし忘れ物などで戻りたい時も一瞬ですね。

 

買い物をして帰宅した時も重い荷物を持っていたりすると、その都度「よかった~」と感じるかもしれませんね^^

僕は毎回スーパーで2リットルの水をいくつか買うので、本当すぐにでも早く部屋に入って床に置きたい気持ちになります。

 

ゴミ出しも…

一応、ラクと言えるかな!?上の階に比べるとゴミを持っている(運んでいる)時間自体や距離は短くはなるでしょう。

ただ、「すぐにでも捨てに行きたい時」や「大量に何度もゴミを出したい時」以外はあまり関係ないような気もします。

おそらく普通は、仕事や用事で家を出るついでにゴミを捨てる人が多いと思いますので^^

 

そしてそもそも24時間捨てにいけるタイプの物件でなく、週に2日など捨てる日が決まっている場合はメリットにはならないのではないでしょうか。

 

⑤引っ越し作業がラクになる

荷物を運ぶ際に階段の上り下りがないですし、エレベーターを使うこともないですから荷物の搬入(入れる)がとてもラクになります。

もちろん別のところに引っ越す際にも、1階だと作業の負担はかなり軽くなるでしょう。

 

引っ越し業者に依頼するのであれば、自分では運ばないのであまり関係ないかもしれません。

ただ3階以上の部屋でエレベーターのない物件だと追加料金が発生するケースもあるので、そういう不安も要らないことはメリットですかね。

あと単純に上の階よりは早く終わるでしょうし、変な話、相手(業者)のテンションや機嫌的にもけっこうマシなのかな?とかも思います。(変わんないのかもしれませんが^^)

 

まあなんにせよ頻繁に引っ越しするタイプでなければ、上記の内容は数年に一回くらいでしょうから、あまりメリットにならないかもしれませんね。

 

1階の賃貸物件に住むデメリット6つ

 

①防犯面が心配

やはりこれは1階の最大のデメリットと言えるでしょうから、詳しくは後に解説しますね。

軽く触れると、特に女性の一人暮らしであれば防犯面での不安が大きいでしょうから、もしも1階を借りてしまうと毎日不安を感じながら暮らすことになるかもしれません。

 

たとえオートロック付きの物件だとしても、ベランダなどはどうしても通行人の視界に入りやすいです。

そしてカーテンの色などで一人暮らしの女性だと判断され、不審者から狙われやすいリスクがあります。

 

②部屋の中を見られる可能性がある

これは上記の防犯面にも関連してきますね。

まず普通に道路を歩いているだけでも、視線の高さ的に1階のベランダは誰の目にも入りやすいですよね。

なのでカーテンをしていない場合、見ようと思う人がいたら室内は見えてしまうでしょう。

 

嫌な気分になるのはもちろんですが、外出している場合でも、それはそれで部屋に誰もいないことがバレるのでこれはかなりデメリット。

たとえ男性が住んでいたとしても空き巣に入られる可能性などもありますからね。

もちろん物件次第では、何かでさえぎっていたり、道路に面していないケースはあるとは思いますが…。

 

また、普通のカーテンでは夜になれば外に室内の様子が分かりやすいので、遮光カーテンを使っている人は多いでしょう。

「いや必須レベルでしょ!」的な勢いの人もいるでしょうね。

 

③外からの音や声が気になる

道路に近いので夜は特に外を歩いている人の話し声や車の騒音が気になりやすく、これでしっかり眠れなくなる人もいるでしょう。

特に大通りに面している場合などはけっこう気になるかもしれませんね。

 

④湿気がこもりやすい

地面に面した1階は湿気がこもりやすく、周りにマンションなどがあれば日当たりも悪くなります。

梅雨の時期などはカビが生えやすくなったりします。

そして年中、色々な意味で窓は頻繁に開けにくいでしょうからね。

 

また日陰になりがちという意味では、冬は若干寒くなるのもデメリット。

ただもちろん夏になると、逆に多少涼しく感じるのでそれはメリットになるでしょう。

 

⑤虫が出やすいかも

やはり地面と部屋が近いわけですから、虫に関しては基本的に出る(部屋に入ってくる)可能性は上がるでしょう。

あくまでも上の階に比べると…ですが。

 

また湿気が多いという意味でも、ゴキブリは湿気が多い所が好きなのでこれもデメリットですね。

もしあなたが虫が苦手なら、それなりの対策をしたほうがいいでしょうね。(僕もですが^^)

 

⑥洗濯物が汚れるかもしれない

ベランダが道路に面していれば車の排気ガスを浴びる可能性もあるので、思うように洗濯物や布団が干せないかも知れませんね。

もちろんこれに関しては性別に関係なくデメリットです。

 

1階の大きなデメリットはやはり犯罪のリスクが高いこと

先ほども少し書きましたが、やはり最も心配な部分ですよね。

もちろん「2階以上なら絶対安心」ということはありませんが、女性にとっては特に不安だと思うのでやはり1階は個人的にはおススメしません。

 

ココに注意

外からベランダや庭、部屋の窓にも侵入しやすいですから、女性の一人暮らしの場合は「のぞきの被害や洗濯物を盗まれる可能性」も高くなるでしょう。

もし1階に住むなら洗濯物は絶対外には干さないほうがいいと思うので、部屋干しになるでしょう。

そしてもちろん、出かける時や夜は窓のカギ(カーテンも)を閉めることは絶対に必要だと思います。

 

物件によってはベランダが見えにくいように工夫されていたりもしますが、逆にそれを利用される恐れも…!

「それを乗り越えてしまえば外から見えにくい点」などはやはりデメリットにもなり得るので、「侵入しづらそうだから、見えにくそうだから大丈夫だろう…」と安易に考えるのは注意が必要ですね。

 

まだ他にもある1階の不安ポイント

侵入しやすいと同時に、すぐに外に出られるため逃亡しやすいのも1階。

なのでキチンと戸締りをしていたとしても、窓を割って入ろうとするなど大胆な犯行が行われるケースもあるでしょう。

 

また、さらに玄関にも近づきやすいので、一緒に入ろうと帰宅するタイミングを狙われる可能性もあります。

マンションやアパートに入る前に後ろを確認したり、なんなら帰り道の途中でも気にするくらいの意識も必要だと思います。

 

特に人通りのある道路から離れた人目につきにくい物件だと、このような犯罪に遭うリスクも高いです。

物件(ベランダや玄関)が人通りの多い道路に面している場合は、通行人の目があるので防犯のリスクが下がるケースもあるようです。

 

あと1階に限ったことではないですが、特に1階だとベランダからベランダへの移動が簡単にできてしまいますよね。

なので念のため、隣などの同じ住人にも注意しておいたほうがいいとは思います。(性別に関係なく)

 

最後に

個人的にはやはり全体的にはデメリットのほうが多い気がしますね。

僕は男性ですが、それでも1階は住みたいとは思いません。(住んだ経験はありますが。汗)

 

防犯グッズやその他色々なアイテムが販売されているので、多少は工夫できる部分があるとは思います。

ただそれらを駆使してまで1階に住むメリットがあなたにとってあるかどうか?ですね。

 

まあ人それぞれ様々な事情があるので何とも言えません。

ただ特に女性の場合は、よっぽどの理由がない限りは他の2階以上の物件をもう一度探してみてはいかがでしょうか?

 

男性が1階に住む場合については以下の記事をぜひ^^

 

そしてこちらの記事も興味があればどうぞ!


 

スポンサーリンク

-物件探し
-

Copyright© 僕はこれから先も一人暮らし , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.