一人暮らしのキッチン周りの掃除が面倒すぎる!解決方法は!?

掃除って本当に面倒ですが、一人暮らしのキッチンもそのポイントの一つですよね。

でもずっと放っておくとも気になるし、汚れを見るたびに本当ストレスです…。

僕は一人暮らしは長く、ず~っと悩んできました。

で、やっぱり「キッチン掃除が楽になるコツ」みたいなモノを知りたくなるんですよね。

でもね…残念ながら完璧に楽になる方法は正直見つかっていなんですよ。

ただ一応、その中でも「こうすれば楽になる可能性があるよ」的な方法もあるっちゃあるので、今回はそれを超個人的に語りたいと思います。

「この記事を読めば面倒な気持ちがスッキリ無くなる!」とか、そういう魔法のような方法では全然ないので、そこはご理解を…!申し訳ありません。

興味ある方だけ読み続けてみてくださいね…!

目次

キッチンの清掃が面倒!楽な方法は?

まず僕は無理でしたが、「汚れるたびに軽く掃除しよう」とか「毎日少しでもコツコツ」などの習慣系が本当は理想でしょうね。

・コンロ周りや壁などが油やソースで汚れたら、放置せずその都度拭く。

・その都度じゃなくても毎日少しずつキッチン周りの汚れを取っていく。

前者は「取りやすいし手間もかからない…」

後者は「大きな汚れになる前に掃除できるから楽…」

みたいな。

ええ、コレね、気持ちはわかるんですよ。なので実践できるならぜひやったほうがいいと思います。

もちろんコレだけでキッチン掃除が全部解決ってことにはなりませんが、楽なコツとしては定番でしょう。

ただ僕には無理でした。その都度は最初の1回だけ、毎日は2日くらいしか続きませんでした…。汗

てか、もしコレがずっと継続で可能なら、その人はおそらく掃除がそこまで苦手じゃない気がします。

それはそれで素晴らしいことですし、超羨ましいです。

僕はもうめんどくさがり過ぎて、とてもじゃないけど毎日掃除はできません。

では他の方法はどうでしょう?

便利な掃除道具や商品に頼る

「汚れがよく取れるスポンジ」とか「洗剤」などで、汚れを落とす力を減らすってことですね。

また「電動ブラシ」的なモノまで売っていたりするみたいですね。ただルンバ的な楽さではないですが。

買いに行くのが面倒でも、多少お金はかかっても、便利なモノを揃えて掃除すれば楽になる可能性は高くなりますね。

確かにこれでマシに感じる人も全然いるでしょう。

可能な限り物を減らす(キッチン以外の場所でも効果アリ)

調理器具や食器などを減らすことで「物をどかす作業」が少なくなり、ストレスなくスムーズに作業できる可能性があります。

例えば僕はシンクの「三角コーナー」を使っていた時期がありましたが、途中で捨てました。

またキッチン周りに置いているかはわかりませんが、例えば炊飯器などを無くせば、その掃除自体(上のホコリなども)もしなくていいですね。

この「物を減らして楽に…」については以下の記事で詳しく書いているので興味があればぜひ!(キッチンだけに絞っているわけではありませんが)

その他の楽な方法は?

上記2つのようなやり方をすることで、確かに僕も掃除ストレスは多少減りました。

でも「作業自体が面倒な気持ち」はやはり0にはなりません。

で、どうすればいいかって話なんですが…それはそもそも「普段から汚さないこと」です。

その方法としては以下の2つ。

①キッチンを使わない

②汚さずに使う

これらは厳密には「掃除のコツ」ではないですよね。掃除自体のやり方や方法ではありません。

ただ「面倒な気持ちを無くす(減らす)」という意味ではけっこう究極な方法だと思います。

今からは「①使わない」「②汚さずに使う」に分けて以下で解説します!

①当然、キッチン自体を使わなければ汚れにくい

なので汚れなければ、掃除はそこまで気にしなくていいことになりますね

個人的にはけっこうアリだと思っています。

例えばお風呂やトイレなども使わなければ汚れないのですが、実際それってけっこう難しいじゃないですか。

まあお風呂は、毎日銭湯に行ったりすれば可能ではありますが…なかなか…ね。

いや、もちろんキッチンも簡単ではないですが、まだ実際そういう人はいますよね。

僕もどちらかというと使わないタイプです。

本当に掃除が面倒なら、意外とこういう単純な発想に切り替えるのもアリかもです。

「キッチンを使う頻度」で分けて考えてみる

例えば「ほぼ(ほとんど)使わないパターン」「使う頻度をけっこう減らすパターン」に分けて考えてみます。

前者はホコリなども溜まりますし「ずっと全く掃除しない」っことはないですが、いわゆるキッチン汚れ的なモノは当然減りますよね。

この場合の食事は「買ってきたり、外食したり、宅配を頼んだり」ってことですね。

後者も料理の頻度を減らすだけで汚れはある程度減るでしょうから、もちろん掃除は楽になるでしょう。

ただこれは「本格的な料理は作らない」という前提です。

いくら使う頻度を減らしても「調理が大変なモノ」を作っていると汚れが大きくなるでしょう。

いや、でも「使わない」はさすがに現実的じゃないな…

このように思う人もいるでしょうし、気持ちもわかります。当然デメリットも出てきますからね…。

特に「ほぼ使わない」となると、色々覚悟もいるでしょう。笑

ただ本当に自炊をすることが自分にとってプラスなのかトータルで考えてみるのはアリかもしれませんよ。

お金で言えば当然食材自体もタダではないですし、調理の際は水道やガスも使うでしょうからね。

また忘れがちな「使う時間」についても色々考え方があります。

「何を作るか考える時間、買い物の時間、調理の時間、洗い物の時間」などなど。

一日わずかしかない「自由な時間」をもっと大切にしたい、増やしたいという気持ちで自炊をやめる(減らす)人がいても個人的には全く不思議ではありません。

また、掃除以外の違う視点のメリットで言えば「害虫対策」になったりもしますよ。(臭いやエサ的な意味で)

ただもう一度言いますが、家で食事を作らないことはデメリットもあります。

上記のようなメリットがあったとしても、それでもやはり自炊のほうが金銭面では節約にはなるでしょうからね。(基本的には)

また、忘れてはならない「健康面」のメリットもあるのでしょう。

僕は詳しいわけじゃないですし、食べる料理や量にもよりますが、一般的に自炊は健康的と言われていますよね。

自炊のメリットデメリットについては以下の記事をぜひ!

この「キッチンを使わない」は、掃除の楽さについては究極の方法ですが、上記のことなども参考にして考えて頂ければと思います。

ここまでが、普段から汚さなければ掃除が楽になる方法の「①キッチン自体を使わない」でした。

続いて「②汚さず使う」です。

②キッチンをなるべく汚さずに使う

「毎日…ではないが、けっこうキッチンを使う人」は、とにかく汚さないように気を付けてみてはどうでしょうか?

やはりキッチンの使い方や調理法によって、今後の掃除の楽さは変わってきます。

※ただこちらも、そもそも「本格的な(汚れそうな)自炊はしない」前提ですが。

例えば…

・パスタや炒飯は飛び散らないように、あまりフライパンを振ったりせずなるべくそのまま置いて絡めたり炒めたりする。

・ラーメンの汁を丼ぶりに注ぐ時はこぼれないようにめちゃ気を付ける

・何かをゆでている時の吹きこぼれにめちゃ注意する

・「何かしらの汚れが下に付きそうだ」と予想できる場合、先にラップやキッチンペーパーを敷いてその上で作業する

・そもそも汚れる可能性が高い料理は作らない(大がかり系?)

などなど。

まとめ

キッチン掃除の楽さについて色々書いてきました。「掃除に便利な商品を買う」「物を減らす」などは僕も多少効果はありました。

また個人的にさらに良いと思ったのは「普段から台所自体を汚さない」です。以下の2パターンを紹介しました。

・そもそも使わない(ほぼ使わないか、頻度をかなり減らすか)

・汚さずに気を付けながら使う

楽さだけで言うと、やはりキッチンをほぼ使わないが最強に近いでしょう。

ただ色々とトータルで考えた場合「使う頻度も減らしつつ、さらに汚さず調理する意識を持つ」ってのが一番いいかもですね。今の僕がそんな感じです。

ここまでの内容が微妙…と感じた場合は…

ここまで読んだけど…

・料理は今まで通り普通に作りたいから、「キッチンを使用しない選択」はない

・かといって汚れないように注意するのもしんどい。てか無理だと思う。

・「便利道具」や「物を減らす」もいいけど、もっと楽な方法はないの?

このような気持ちになった人も当然いると思います。

そういう場合は、ちょっと別角度からの方法で言うと「家事代行サービス」などを利用して掃除してもらう選択もあります。

もちろんキッチン以外の部分をお願いしてもいいでしょうし、その他洗濯などをお願いするパターンもありますね。

もしお金に余裕があるのであればアリだと思いますよ。その代わりの「時間」を他のことに有効に使えたりもしますからね。

以上ですが、以下の記事も興味があればぜひ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる