一人暮らしの自炊!節約以外のメリットは何がある?

一人暮らしの自炊、節約になるってのはよく聞くけど、その他のメリットって何なんだろう…?

現在一人暮らしのあなたは、このように思っているのでは?

まず、確かに自炊は食費を節約できる可能性は高いですね。とはいっても、当然それは頻度や食べる量やモノによって全然変わってはきますが。

これについての詳細はこちらで書いているので興味があればぜひ!

で、今回はですね、一人暮らしで自炊するそれ(節約)以外のメリットについて考えてみました。

けっこう自分の考えを入れたりもして、リアルな感じで書いていきますね。

目次

節約以外の自炊のメリット9選!

①料理できるとモテるかも!?

男性でも女性でも、やはり料理が出来る人はモテやすいと言えるでしょう。

つまり、ちょっと大げさに言うと恋愛や結婚にも有利になるということですね。

もちろん「料理が苦手だけど仕方なく自炊している…」という人もいますが、それでも続けていれば自然と料理の腕は上がるでしょう。

ただ同棲とか結婚とかに関係なく、料理については男性のレベルが高いと「作った時にうるさそう、なんか言われそう」と考える女性もいるとは思いますが…。

②料理技術、スキル、知識が身に付く

「実家にいた頃からバンバン料理経験がある」という人以外は、包丁や鍋の振り方などはもちろん食材や調理に関する知識も身に付くでしょう。

また自炊をすることで、日常の誰かが話している料理に関する会話とか、テレビやネットの料理に関する情報などにも自然と反応することになるでしょう。

そういったことも知識になりますね。

身に付いた料理スキルは今後自炊を続ける場合はもちろん、それ以外でも役に立つシーンは意外と多い気がするのでなかなかのメリットと言えるでしょう。

ただこの「スキル」という意味だけで言うと、自炊をしなくても飲食のキッチンバイトをすればかなり身に付けることは可能ですが。

③自炊は健康的

まずは外食やコンビニ弁当などの良くないポイントを紹介します。

こういったモノは味付けが濃くてカロリーや脂質、塩分なども多いので、毎食食べていると身体に良くないとされています。(世間一般的には)

手軽ですがこれに慣れてしまうと、濃い味付けじゃないと満足できない味覚になってしまう可能性も。

ちなみに僕も薄味だとテンションが上がらず、ちょっと味を加えることがあります。

元々濃い味付けが好きだった可能性もありますが、もしかすると長年の一人り暮らしの外食が原因の部分があるかもしれませんね。

また、カロリーも高いので当然太りやすくなります。

若い頃ならすぐに太ることはなくても、将来的に糖尿病や高血圧症などの生活習慣病になるリスクが高くなるでしょう。

「太る」に関しては僕も例外ではありません。

昔は体重56キロくらいで「ちょっと太りたい、60は欲しい」と本気で思っていましたが、30代の現在は72キロです…汗

まあこれが100%外食などが原因とは言えませんが、もしかすると関係あるかもしれませんね。

あと、やっぱり美味しいからたくさん食べすぎるというのもあるかも…。

そしてさらに外食やお弁当は安さ重視で農薬がたくさん使用された野菜が使用されていたり、保存性を高めるために添加物もたくさん入っているケースが多いでしょう。

そして野菜の量も少ないので栄養バランスが崩れて体調も崩しやすくなる恐れも。

一方自炊なら、油を控えた蒸し料理にしたりお肉は脂身の少ない部位を選んだりと、自分でヘルシーな料理を作って食べることができます。

また、安全な食材を選んだり野菜もたくさん食べることができます。

つまりザックリまとめると「食材、調理方法、味付け、食べる量」などを自分で調整できるので、そういう意味ではとても健康的でしょう。

※ただもちろん、やり方次第では効果は薄くなりますけどね。

趣味になるかも?

続けることでそこまで興味がなかった料理自体が、もし趣味になれば素晴らしいですね。

趣味であれば楽しいということですから、基本的には楽しく食費を節約できて、しかも健康的ってことですよね。(例外もありますが。)

また、調理前の「買い物自体が楽しい」となる可能性もありますね。

⑤より親に感謝できる可能性がある

実家にいた頃に家事を手伝っていなかった人も多いと思います。僕も完全にそのタイプ。

その場合、作る料理によっては「親の大変さ」がわかり感謝の気持ちが強くなるかもしれませんよ。

例えば、「今考えれば毎日ご飯を作ってくれていたのか。しかも一人分だけじゃないし大変だったろうな…」みたいな。

さらに「栄養の事とか、飽きないように色々パターンとかも考えてくれていたんだな…」みたいな感謝も?

また感謝とは別に、料理でわからないことがあったりすると、それを聞くために「親に連絡するキッカケができたり頻度が増える」かもしれませんね。

これもメリット?ですよね、たぶん。

⑥暇つぶし、時間つぶしになる

自炊と言っても、まず何を食べようかと考えたり、スーパーなどに食材を買いにいく時間がかかります。

そして調理時間から片付けまで、なかなかの時間を使うことになります。

これはもちろんデメリットにもなるのですが、考え方次第ではかなりの時間つぶし、暇つぶしになるでしょう。

なのでそういう時間が多くて悩んでいるのであればメリットになるでしょう。

またもし寂しい気持ちなどがあったとしても、その作業中は忘れられるかもしれませんね。

⑦恋人がいる場合、家デートが充実する?

恋人との家デートは映画を見たりゲームをしたりってのも定番ですが、やはり料理を一緒に食べるってのもめちゃでかいポイントですよね。

軽い「おつまみ」なんかを作って家飲みもいいですよね。

まず自分の家に恋人が遊びに来た場合、相手に料理を振る舞うことができます。

また普段自炊することで「調理器具や調味料も揃っている」という意味では、恋人に料理を作ってもらうことも可能になります。

もちろん二人で何か一緒に作るのも楽しいでしょう。

ただ一緒に料理を作る場合は、キッチン自体が少し広い物件の部屋じゃないと作業はしずらいですが…。

そしてもし相手の家へ遊びに行った時でも、自炊していることによって料理スキルが身についていれば作ってあげることもできますね。

食材の買い物の時点でも楽しいかもしれません。

「相手の好きな料理を作ってあげたい」と思いながらの買い物は楽しいかも。

また、もし「一人暮らしで自炊をしている恋人」と一緒に買い物をする場合、こちらも自炊をしていれば金銭感覚の違いなどで揉めることが少なくなるかもですね。

⑧自分の好きな味付けができる

もちろん外食や惣菜、弁当などはもうすでに味が付いていますよね。

でも自炊であれば、調味料次第で一から自分の好きな味で食べることが可能。

まあ「辛い物をもっと辛く、濃い物をもっと濃く」などのようにプラスするのは、出来上がっている料理にでもまだやりやすいです。

でも逆に「もっと薄くしたい」ってのは通常難しいと思うので、このメリットは普段から薄い味が好きな人にはとても良いかもしれませんね。

⑨自立してそうに見える?(聞こえる?)

まず自立というのは色々な捉え方があります。また家事という分野で考えても当然洗濯や掃除などもあります。

ただ「自立ができているかどうかのポイント」の一部として、自炊ってのはたぶんあるとは思います。

※あくまでも一般的には…というかわかりやすく表現するなら…。

実際、「自炊している発言」などをすることによって相手のリアクションが良い感じで返ってくるケースがあります。(たまに)

「偉いね、立派だね」みたいな?なのでそういう意味ではメリットと言えるでしょう。

ただ個人的には「色々なことを考えて自分で責任を持って行動すること」も自立だと思っています。

なので例えば「デメリットがあるとわかりながらも、自分的にメリットのほうが上回っているから毎回外食している」という人がいたとします。(自己責任で)

この場合、それもある意味自立だと思っています。

もちろん「自分の収入の範囲内」で考えて使っているでしょうし、またその本来自炊にかかる時間を仕事や趣味に使って有効活用している人もいるでしょうからね。

あくまでも僕の考えですが…。

以上です。逆にデメリットについてはこちらをどうぞ!

以下の記事も興味があればぜひ!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる