一人暮らしの自炊は食費の節約になる?注意点もあるよ!

一人暮らしで自炊をする目的は人によって違いますが、「食費を節約しよう」と考えている人は多いです。

でも「本当に節約になるの?」「気を付けることは?」などのような悩みを持っている人もたくさんおり、おそらくあなたも現在そのような状況でしょう。

そこで今回はそのあたりについて解説していきたいと思います。

正直数字などはザックリで細かくは書いていませんし、個人的な考えも色々入っているので、軽い感じでチェックしてみください!

目次

自炊は基本的には節約になるとは思う

まず「食費を抑えるなら自炊を…」という考え方はほぼ間違いないでしょう。

自炊をほぼしない場合の例を出してみると…

例えば、朝ごはんは「菓子パン」や「牛乳」などで済ませたら300円ほどになります。

そして外でランチをすれば、どんなに安い定食屋さんでも500円から600円はします。

コンビニのお弁当でもそのくらいはするはずで、それにプラスして「ジュース」や「缶コーヒー」も買っていたら800円くらいはかかります。

そして夕食も外食すれば、もう少し高いので1,000円くらいはかかるでしょう。

このように朝昼夜と毎食、外食やコンビニで済ませた場合には少なくても1日に2,000円はかかることになります。

これを1か月続ければ、6万円も食費にかかることになるのです。

あくまでも極端な例ですけどね。

で、これを見た時に「6万は高い…けどこの内容なら当然というか、そりゃそうなるよな…」と思いませんか?僕は思います。

なので自炊をすればよっぽど間違った内容でない限り、上記の例よりは確実に安くなるイメージができるんじゃないでしょうか。

もちろん食べる量も一人ひとり違いますし、たまには外食したり惣菜ばかりの日もあるでしょう。

それでもたぶん自炊中心にすれば上記よりは…って感じですかね。もちろん正しい自炊をすればするほど節約はできますね。

自炊をすれば食費が月30,000円?

一人暮らしの食費について、ネットなんかで色々調べてみると…

ほとんど毎日自炊をすれば月30,000円とかも普通に可能みたいですね。

上記の例の半額くらいに抑えられる感じですね。

これくらいの金額だといわゆる…

・時間に余裕があるときにご飯をたくさん炊いておき、1食分ずつラップに包んで冷凍しておく。

・朝ご飯は「おにぎり」にしたり、昼にはお弁当を作る(卵焼きなど簡単なおかずだけでも作るか、夕食で多めに作ったおかずを入れるなどして)

・夕ご飯にはカレーを作って2日か3日くらいはカレーで済ます。

のような「The・自炊」って感じだと思いますけど。たぶん。

ただこう書くと「いや、そういう感じなら月30,000円よりもっと安くできるでしょ!」という声も多い気はします。

すみません、なんせ僕が「節約レベルのキチンとした自炊」をしたことがないので何とも言えませんが…確かにそうなのかもしれません。

もちろん1日あたりの食費が800円ほどで、1か月24,000円くらいの人もいるでしょうね。

また中には…

野菜やお米、お肉などの食材や調味料をスーパーの特売日などに上手に買い、もっと賢くやりくりして1か月分の食費を1万円ほどに抑える人もいるでしょう。

正直僕からしたら月30,000円でもすごいと思っています。僕はかなり食べますし、めんどくさがりですし上記のような自炊は到底無理なので…汗

もちろん食費月1万円とかは、凄すぎです。素晴らしいですね。

節約目的の自炊をする際の注意点!

上記のように一般的な自炊をすれば、確かに節約になる可能性は高いです。

しかしやり方を間違ってしまうと、あまり節約にならない残念なケースも出てきます。

また場合によっては、「逆に食費が高くついてしまうケース」もあり得るかもしれません。

今からはそういった「失敗パターンの原因となり得るポイント」をいくつか紹介しますね。

行き当たりばったりで買い物をする?

例えばシチューを作ろうとした場合、ジャガイモや玉ねぎ、人参やお肉、シチューの素などが必要になってきます。

他に主食のご飯やパンも必要で、サラダも一緒に作ろうとすればレタスやハム、ドレッシングなども必要です。

これらの食材をいつ、どこで買うかなどで食費はかなり違ってきます。

スーパーの特売日などを利用すればかなり安く買うことができます。

しかし、このような特売日を利用しないで行き当たりばったりで買い物をしていると大きな差になるでしょう。

また、お店によって食材の値段が違うケースも多いですね。

そして食材の買い方に注意していない人は、ついつい予定のないお菓子やジュースなどを買ってしまいがちかもしれません。

このような少しずつの積み重ねで、自炊をしているのにあまり節約できていないという状態になってしまう恐れはあります。

たくさん買い過ぎて余らせてしまう?

一人暮らしの買い物では、特に買う量にも注意しないと、消費期限内に食べきれないで捨ててしまわなければいけなくなります。

どんなにお得に買っても、余らせて捨ててしまっては意味がなくなります。

特売日に野菜やお肉をまとめて買っても、それを上手に調理して食べきるようにしないといけません。

具体的には、おかずを何品かまとめて作ってお弁当のおかずや夕食にしたり、または冷凍したりして上手にやりくりをするなどですね。

調味料などにこだわってしまう?

レシピ本を見ながら自炊をする人も多いかと思いますが、レシピ通りに食材や調味料を揃えようとするのも食費ばかりがかかり失敗するパターンかも?

というのは、レシピによって生クリームやバター、珍しい調味料などが使用されているものもあります。

美味しく作れたとしても1回で使用する量はほんの少しです。

なのであまり使用する機会の少ない調味料を使いきれずにムダにしてしまう可能性が高いです。

しかも生クリームやバター、珍しい調味料などは値段も高いことが多いです。

節約のために自炊をするなら、「頻繁に作ることがないレシピ」や「あまり凝った料理」に挑戦するのは止めた方が良いでしょう。

光熱費がかかり過ぎている?

自炊をするときには食材だけでなく、基本的には電気代やガス代もかかっています。

なので調理の仕方によっては、これらの光熱費をムダにしてしまう可能性もあるでしょう。

例えば炒めものをするときに使う「フライパン」に、水滴がついたままで使うとこれを蒸発させるためにムダな火力が使用さます。

なので拭きとってから使うと、この問題は解決ですね。

またパスタを茹でるときにも、「大きな鍋」でたっぷりのお湯を沸かして茹でるのはかなりの火力が必要です。

しかし「平らなフライパン」を使ってパスタを横にして茹でれば、水も火力もかなり節約できますね。(美味しさ的にはマイナスなのかもしれませんが)

他にこういったパターンもあるよ!

例えば煮物をするときに、落とし蓋をするのとしないのでは加熱時間がかなり違ってきます。

また、「カレーを作った鍋の洗い物」は大変ですが、このとき光熱費をムダにしてしまうことも多いです。

なかなか落ちない汚れを落とそうと、洗剤や水、お湯をたくさん使ってしまう感じです。

そんなときは…

「事前にキッチンペーパーなどで、ある程度拭きとってから洗う」とか、「鍋に水と洗剤を入れてしばらく放置しておく」などすれば、落としやすくなり節約になるでしょう。

以上になりますが、ぜひ以下の記事も読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる